読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

神様からの問いかけ 進む時  腐れ縁

アドバイス∞【恋愛・結婚】 宙∞見えない世界 実∞生活の中の不思議 アドバイス∞【仕事】

4月になりました。
本年度の新たな出発だと意気込む方は
そう多くはないと思います。

新たな出発に関わる魂向上の秘訣、
そんなに大風呂敷を広げなくていいのですが、
「あなたの成長が自分でわかっているか?」という向上についてのヒントを紹介します。


生きていく中で、
停滞しているなとか、
なんだか邪魔が入っているなとか、
自分ばかり頑張りすぎているなとか、
「気づき」のための状況に誰もが包まれます。

そして、「気づき」のワンピースがはまると
自力ではありえないと思うような状況が生まれたり、
相対する人が変わったり、 
自分の心が急に軽くなったり、 などなど
理屈では説明のつかないようなことが起こり、
せき止められていた水の流れが流れ出すように、
本人としても前に進んでいるという自覚が出てきます。

この自覚が、はっきりとしてくればしてくるほど、
また現実化がなされていなくとも、
そのうち現実化してくるわというように、
「気づき」という成長に対して自己信頼も生まれてきます。
それこそ、”慣れる”ということも、
考え癖を変える上では大変大事なこと。


そして、神様は時には
「本当に気づいたの? 本当に成長したの?」
時々問いかけをしてくれます。

ご相談にも多く出てくるので
”神様の問いかけ”についてお話します。


具体的な例では、
振られた彼から連絡があった。本人は、まだ未練もあります。
(でも、なんとか執着を少なくしてきて、彼から詫びの連絡があった状況とします)

 

さてさてみなさん如何でしょう?どうしますか?

その時に、すでに新しい恋人がいるならば、そこまで考える余地がないかもしれませんね。

 

でも、想いがあるならば、連絡が来るということは
本当にうれしいことだとは思います。
つまり心がすごく揺れている状態になるでしょう。

 

この恋愛での「気づき」が生かされているか?

 

よく多くされまた苦しい思いをされるのは、「気づい」て
執着を少しずつ取り、自分軸で自分中心の生活にしているのに、
彼からの言葉で一気に戻ってしまう。
戻ってしまうと自覚ができればいのですが、
時には自覚もなく、自分はもう執着していないと自分に暗示までかけてしまって
自分で自分がわからなくなる。
彼から連絡が来てしまったために、
期待が以前以上に膨らみすぎて執着をまたまた増幅。
こんな心の状態で彼に連絡をしても
またまた冷たい反応しか当然返ってきません。


せっかく時間は前に向いて、
彼からの反応も来ているのに、
自分だけ一気に「過去に戻る」という。

過去の幸せだった時期に帰りたい願望、
この気持ちが先走ってしまうと学んだ「気づき」がどこへやら・・・><

 

あなたはしっかりと未来に歩いているのです。
一人だけ後ろ向きに歩いては、時間にも逆行でうまくいきません。

つまり、神様的には「本当にわかっているの?」という問いかけなのです。


過去に別れた人からの連絡があった時、
やはり懐かしさもあり、親しみやすさもあり、付き合いやすさもあるでしょう。
しかし、考えなければならないことは
「あなたは過去のあなたではない、成長したあなたが今はいる!」
ということです。

感情に流されている場合ではないのです。(戻りそうなら、とにかく今の自分を見つめることに集中)


二人が離れていた時期に、
あなたが「気づき」によって多くのことを学んで成長したなと思っていても、
別れた相手は成長していない可能性だって多いのです。(→私の鑑定経験ではやはり多いです)

反省や謝罪の言葉があったからと言って、あなたが期待しているほど反省や謝罪をして、あなたの気持ちを理解してくれていないことを前提にしたほうがよいでしょう。


成長して魂のレベルが変わった時点での再会
成長している方が、かなりの大きな器で、大きな包容力、ある時には忍耐(私は好きでない言葉ですが)が
必要となってきます。
「それでも私は構わない!」と好きという感情ばかりにならず、
自分の人生の学びにとって必要な人だと思うのであれば、
また神様も可能性は拾い集めてくれることもあります。


過去の楽しい思い出は大切です。
その人を想う気持ちも貴いでしょう。
でも、
”過去に戻る”のは「気づき」がなかった心の状態に戻るようでは
またまた同じ辛いスパイラルが待っているということです。


お試しが起こる時には、
未来のために起こっています。
過去に戻るために起こってはいないのです。

 

あなたが本当に
あなたの幸せを望まれるなら、
過去からのご縁が再度訪れた時には
「今のあなた」を起点にして
そのご縁をどのようにしていくか?を心に聞いてみてください。


これは、仕事でも、友人関係でも同じです。
過去からのご縁で迷われる時、
過去がどうであったか、
過去に相手がどうであったかということも
少しは考慮に入れることも必要ですが、
しかし、
「今のあなた」がどう感じるか?を選んでください。

 

腐れ縁がどういう意味があって起こっているのか、
ご自身の状況で「気づき」として感じていただければ幸いです。

過去のご縁を選ばれても、
今のあなたが選び、
過去の出来事はその通過点程度に重きを置かずに、
今とこれからの未来の創造にともに歩けるのであれば、
繋がるご縁もあるのですから。

 

                       寧楽感恩