読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

願望成就 希望成就

アドバイス∞【仕事】 実∞生活の中の不思議 アドバイス∞【恋愛・結婚】

新年早々のブログということで、
明るい話題、願望成就をテーマにくことにします。

韓国で書道心理治療を学んでいたころ、仕事もしていました。
韓国語を使って、人をつなぐ仕事としてホールディング会社に所属していました。
まだ私自身、霊感と心理学を融合した今している育自カウンセリングのお仕事をする前の時期です。
ホールディング会社なので、いろいろな会社に融資投資・企画などなど
新しい分野で身を置くことで仕事の幅も広げたことも間違いありません。

この会社は、ホールディング会社ですので、私も通常業務もしていたのですが、
社長が書を本格的にずっとやっている私の経歴や書に興味を持ってくださり、
いずれ会社が軌道に乗れば、書道文化普及も含め書道のブランドを作ろうという
わたしにとっては、ありえないというような、
幼少の頃から見た世界デビューの話が舞い込んできたのでした。

しかし、みなさんもご存じのリーマンショックの影響が韓国金融界にも到来。
日本以上に韓国の金融母体は軟弱であり、倒れる時は一瞬。
私が以前にも書きましたが、誕生日の日に解雇をされるという、
究極のプレゼントを神様からいただきました。
会社がもう持たないのは、私もわかっていましたが、
だからと言って出ていくこともできず、風当りがわたしに強く当たっていた中、
根性と忍耐で持ちこたえている私へのプレゼントでした。
(私の解雇の後、やはり会社はつぶれていました)


解雇をされた時点で、私の書道の夢も手放すことになってしまったのは、
しごく自然な流れです。
私自身、書道ブランドを作る上で、いろいろな会社と打ち合わせをしていく中で、
自分の意向がどんどんと削られてしまい、何か私が求めていたものと違うという違和感を感じていたので、
その流れが途絶えてしまったのは、神様的にも当然のことでありました。
違和感を感じるということは、すでに魂の親の神様が「ノー」と言っているのと同じだからです。
「そのまま進むのは、今のあなたにとっての本当の喜び、幸せではないですよ!」
というメッセージでもあるからです。

その当時は、解雇もされ、突然訪れていた夢への流れも途絶え、
むなしさと頑張りすぎた自分の心と体に謝罪ばかりでした。

そして、日本に拠点を移し、
今あるように書家・翻訳通訳・育自カウンセラーという何足かのわらじを穿き活動をするようになりました。

12年の春前、また一つ書道の依頼がありました。
今、日本和装社さんが使ってくださっている「遊々会」というロゴ文字です。
全国展開をされている会社ですので、全国での催しでは使っていただくことは想像していました。

しかし、去年ふと検索をしている中で発見したのです。
なんと、ニューヨークとフランスで私の文字が垂れ幕になったり、看板で使われていたのです!!(写真は下に)

知らない間に、世界デビューしていたのです!! 

 

f:id:neiraku123:20150105112506j:plain横書きを縦書き組み換えになったようで,

制作時にはバランスに苦戦されたことでしょう。

 

f:id:neiraku123:20140616091046j:plain

 

f:id:neiraku123:20150105113406j:plain 移動バスにも 

 

「え?」という思いが最初で、
写真をじっくり見ているとようやく、本当に外国に行ったんだ!という実感が少しずつ沸いてきました。


もし、人力で同じようなことをしようとしても、
渡航準備、準備期間、労働力、渡航費用など私が一人でやろうとしても到底できるものではないことです。
製作費や渡航費だけ考えても、途方もない金額になっていたと思います。

しかし、神業で私の知らないところで、着々と準備が始まっており、
私は結果として、外国で私の書道が掲げられるという願いの成就の部分を味わうことができたのです。

人力より神業、本当に本当に、痛感しました。

 

自分の欲でなく、
地位や名誉に関係なく、
純粋な希望から出てくる願い、
それは、あなた次第で叶えることができる。


願い(欲とは別です)は、希望でもあります。
人間が生きる活力にもなります。
今年一年、活力というエネルギーで進んでいかれることを祈願して!

 

昨日見たもので「分けあたえる」とメッセージをもらったので、

嬉しい出来事のパワーはお裾分けできればと思い書きました。

次回、願いごとを叶える宇宙の法則の使い方を書く予定です。

                               寧楽感恩