はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界にアプローチ、”愛”と”調和”の宇宙の法則で、地に足つけて幸せを❤~

つながらない人脈

サポートしてあげたいという心根

特に女性には母性がもともと備わっていますので、

手助けしたいお気持ちを持っておられる方もあると思います。

今日は、サポートの中でも人を紹介をするという点で書いてみたいと思います。

 

「自分はお金はサポートできないので、

相手の方が人脈がいると聴いたので、自分の人脈を紹介していきたい」というその方にも参考にしていただきたいと思います。

 

協力をしてあげたいお気持ちは大事な温かいものです。

そのお気持ちは否定しません。ご縁があっての出会いなのですから、ご自身がしたいと思うのであれば、自分のお気持ちを全うされるようにと思います。

 

でも、一歩引いて考えていただきたいのは

「人脈があれば仕事はうまくいくのか?」ということです。

 

仕事に携わる年数によって考え方も当然ちがうと思います。

しかし、若い頃、ガツガツと成績を伸ばそうとしている方の方が

人脈があれば成績が伸びると考えて、

「自分(自分の魂の親も含む)だのみ」でなく「人脈だのみ」に陥っておらえることが多いです。

 

宇宙の法則の中には、「類は友を呼ぶ」とものがありますから、

「人脈があれば仕事が増える」と思っている、

いわば人を尊重するのでなく、自分の成績のためにガッツて、仕事だからと割り切っていると、

その思考と同じ考えの人を引き寄せることになります。

 

ひいては、

その方と仕事をしたいという気持ちでなく、

その人を利用して成績を上げたいという人が集まるという傾向になっていくということになります。(心さびしいです)

 

ご相談者の方にも、このようなお話をすると

「そうなんです。人脈っていっている友人は、用ばかり頼まれて・・・」とおっしゃっていました。

 

自分で便利屋さんになってしまうと、

本来の自分の仕事にプラスになるというよりも、

自分でいらない用事を増やしてしまうことになります。

本来しないといけない仕事よりも、雑用で自分を更に忙しくもしてしまうという悪循環です。

 

人には心(波動)があり

心が共感したり、一緒にいるとやる気になったり、

人間的に通じるところがあるから

浅い付き合いでなく、長く続くご縁として続けていくことができます。

仕事も人間が動かすものですので、この心の波動の原理は同じです。

 

あなたが自分を大切に思い、

相手も大切に思えば、

あなたには、あなたを大切に思ってくれる心のご縁をしっかりと結んでいくことができます。

 

100人、知っている人がいたとしても

浅い、利害関係だけと割り切っている人がらみの「人脈」では

本当に欲しいあなたの「人間関係」ではないということです。

 

一人でもいい、

あなたの傍でいてくれる

あなたを理解してくれる「人」というのが

あなたの財産となる「人脈」に繋がるご縁なのです。

 

だから、仕事で名がある方の多くは「人間力」ということ

心が生みだす人の力の必要性、重要性を言っておられます。

 

あなたが目の前にある仕事に心を注いで、

偶然のように見える必然で魂の親が送ってくれている「ご縁」を

大事にしていけば、あなたにとっての「人脈」が作られていきます。

 

だから、卵が先か、鶏が先かという話に似ていますが、

人脈を先に追うのでなく、

懸命にやっていた中で残ったご縁というのが

本当の意味での血の通った「人脈」ということになると思っています。

 

類は友を呼ぶのですから、

自分が人を大切にした仕事への気持に切り替えると、

自然とそういう方とのご縁がもたらされますから^^

 

「なんだか、仕事上、あの人とは合わない気がする。」と思っておられっる場合には、今日お話をしたご縁(人脈)への根本的な考え方が違っておられるので、何かひっかかっておられることもあると思います。

 

数打てはあたると言っても、

自分の心の波動の方向が違っていたら、

自分が望まないご縁を増やすことになりますので、

営業のお仕事をされている方にも

自分の心を聞く時間を取るキッカケになっていただければと思います。

                          寧楽感恩