はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界にアプローチ、”愛”と”調和”の宇宙の法則で、地に足つけて幸せを❤~

被害者意識からの反”自愛”の影響!? 人が苦手になったあなたへ★

前回

自愛をするために、大切な前提❤反”自愛”の正体 - はひふへほっ。 笑う門には福来たる

被害者意識は、
捉え方が「・・・される」「しなければならない」「・・・してくれない・もらえない」と自分で自分をおびえさせたり・いじめる反”自愛”で、

”自愛”をはばむ状態
⇒ ”自愛”ができないので”快”の波動を発生する状態になれない
⇒ ”快”の波動と共鳴する宇宙の波動に乗りにくい 
⇒自分らしい人生の流れになりにくい・願いが叶いにくい
となって思うような人生が送りにくくなりますとお話をしました。


そして、今回は引き続いて被害者意識から発生しやすい苦手意識についてお話していきたいと思います。

 

もしあなたが今、人と関わりたくないと思っているなら
もしあなたが今、一人になりたいと思っているなら
もしあなたが今、自分と接するのが苦手だと思っているなら
もしあなたが今、どうせ私は孤独だからと思っているなら

 

これも”被害者意識”から来ていることがほとんどです!!

 

けれども、その自分を「なんとかしないと!」と無理に自分を頭で動かそうとしても、
人と関わろうとすると、拒否感が出てきたり
一人になってはみるものの、逆に寂しさも覚えたり
人と接するのが苦手だと、苦手意識がどんどん強くなったり
どうせ孤独だからと、すねが出てきたり
心が追いつかないで、余計にがんばった分だけ、
反動が出て「疲れるわ~」「嫌な気分に余計になっわ~」などとしんどい自分がより出てくることになってしまいがち。


そういう頭ごなしに自分に「社会生活でちゃんとやらなければ!」と思いこませようとしている方に、
そんなに無理しないでいいですよ~、構えないでいいですよ~と
少しヒントになればと書いていきます。

 


先ほど↑に書いたような”人が嫌””人が苦手”という気持ちが強い人は、
あなたの神様から「その考え方を手放せるように自愛してあげて❤」とメッセージをもらっていると思ってもらって構いません。そういうお知らせです。


というのは、被害者意識は人に「・・・された」という嫌な気持ちになった経験によってもたらされたもの。また、その積み重ねです。
私たちがこの世の知識や常識、人の裏表など見ていない赤ちゃん時代、
産まれて早々、母親や父親に「・・・・された」といった捉え方は覚えていないはずなんです。
「してもらった」という捉え方もまだ無い時代とも言えますが。
育ってきた環境や出会った人との関係性の中で、
自分の捉え方という自分の色眼鏡によって被害者意識が強くなる人と、そうでない人が出てきます。
(生理的に嫌だなと思うのは、生理的という直感からきているので神様からのメッセージなので、この場合は違いますよ)

 

この被害者意識が強くなると、
出会う人が自分を困らせる人、面倒がらせる人という捉え方の色眼鏡で見るようになるので、
「どんな人も自分にとっては嫌な人」、「そういう人が多くなるとどんな人もみんな嫌~~~!!!」というように
どんどん人嫌いに自分でしてしまいます。
そもそも、産まれた時から「人嫌い」の赤ちゃんはいないですよね^^

 

被害者意識という色眼鏡を使って捉えるから、どうしても自分を嫌な気持ちにさせる人やものを排除してしまいたい気持ちが出てくるんですよね。
そして、どんどん自分から「孤立」の道を進んでいく・・・・・・

 

まとめると
産まれた時は無”被害者意識”
⇒嫌な経験が積み重なり”被害者意識”が大きくなる
⇒”被害者意識”を発生する人や状況やものから自分を守りたい
⇒”被害者意識”を感じない状況になりたい
⇒一人がいい、人間嫌いの自分だと思い込む
⇒孤立を選ぶ
こういう流れで、被害者意識という”自愛”でない考え癖で、反”自愛”に向かって進んでいるということになります。これだけで自分がどうして流れがよくないかわかる方もわかったかたもあると思います^^

 


でもでも、宇宙のシステムはその逆なんです!!!そうなっていないんですね。

 

 

というのは、宇宙の波動は、”愛”のエネルギー。イメージ的には循環をしながら流れてもいる、そんな感じでしょうか。
この私たちが見える世界の万物・森羅万象は、それぞれ共調・共生して調和でもって”愛”のエネルギーという波動の世界で成り立っています。
植物も動物も与えられた寿命を生きる、その間いろいろな必要あるものを与えられたり、与えたりと”愛”のエネルギー循環が起こっています。
人間も宇宙視点からいうと、植物と動物と同じようなものですから、結局同じ”愛”のエネルギー循環をしています。

 

私たち”愛”のエネルギー循環の中にいます!
”愛”のエネルギー循環の世界にすでに生まれていますから、
誰かと、何かと触れてしまうことを、あなた個人の力で避けようとしても、
宇宙の愛の循環、つまりその愛のエネルギー循環の中にいるあなたの神様に抵抗しようとしても、
その小さな人力では到底及ばないのです! 
宇宙は勿論のこと、あなたの神様から見ても「へのつっぱりにもならんでよ」(大和弁?)です。

 

「避けたいのに引きとどめるなんて!」と悪いように思ってしまうかもしれませんが、
”愛”のエネルギー循環の中から逸脱しようとしているあなたを
幸せにしたいという思いで見守ってくれているのがあなたの神様、その神様があなたに意地悪はしません^^
その抵抗自体が、言葉を変えれば≪「”愛”のエネルギー循環をもらわないで幸せになれないでもいいんです!」と我を張っているようなものだとわかってほしい!!≫というその一心で見守ってくれているのです。
いらない抵抗で、そのいらない抵抗のために、どんどん自分が苦しくなる・・・悪循環です。

 


そのいらない抵抗は不要だと気づいてほしくて、神様はどんどんあなたにとって最強の人を目の前に出してくるようになるのです。
だって、気づかないんだから、よりあなたが「困る!」「嫌い!」と思う最強の人に出会うことで”気づく”ように願って。いじめてはいないんです、試練でもないんです❤

 

だから本当は、あなたが思うほどあなたの人間関係、人間関係の運は悪くないんです!
というか、悪くなるはずないんです!本来、愛のエネルギー循環なのですから❤

 


人やいろんな出来事は、”愛”のエネルギー循環の中で出会っているのですから、
自分が”愛”のエネルギー循環として”孤立”でなく共調として”愛”のエネルギー循環の輪に入っていけば、
出会う人も”愛”のエネルギー循環の中で生きている人。
だから、自分が変われば出会う人の質が変わると言われるのも、そういうことです。
だから私が”快”の波動を発生する考え方という”自愛”と”慈愛”が大切とお伝えしています^^

 

被害者意識を持っていると、”自愛”ができにくい。
目に見えるものは人を通して運ばれてきますので、いくらこうなりたいと思っても、
自分が”愛”のエネルギー循環の輪の中にはいらず、心の波動で「孤立」している状態では運ばれなくなっていくんです
それは、運が流れてきませんというのも、うまくないんですというのも、それでは仕方ないと頷くしかない宇宙の法則・宇宙神理です。
時に、「孤立」をやめて欲しいという”気づき”のため、「どうしてこんな人に、目にあうの?」という人や状況はもたらされますが・・・・

 

この心の「孤立」を辞めて欲しいと神様からは、体の不調ということでお知らせしてくれることもあります。
だるくなったり、ひこもり的な症状、更年期かなと思うような症状などなど・・・・

 

宇宙の波動は循環して流れています。
でも一人だけその流れに逆行して「孤立」しては苦しいだけですから!!!

 

この心の「孤立」をやめていくには、無理に”「孤立」はやめないと!”と自分に厳しくならないで
「被害者意識から来ていたんだな~、今まで(私が私に)ごめんね!つらい思いさせて・・・❤」と”自愛”してあげてみてください。

 

せっかく同じこの時代に来てきたのですから、
”愛”のエネルギー循環で共存しながら幸せになっていきましょう❤

 

けれど、忘れてはいけないこと!「孤立」はやめても”自愛”は必ず!
何か・誰かとの関わりは宇宙のシステムから必ず出てくるものなのですが、
自分を癒したり、楽しませたり、ほっとしたりという自分だけの、一人上手の”自愛”する時間は必要ですよ!
”自愛”ができて”慈愛”ができるというのと同じように、
”自愛”する自分ひとりの時間が持ててはじめて、
”慈愛”として心のゆとりを持って”愛と調和”の活動としていろんなことや人に関われるようになるのです。

                                                           

追伸;みなさんに、「これって自愛になりますか?」という質問があれば受け付けたいと思います。
「自愛」と文字で書くと簡単なのですが、実生活で思いつかないとい方が多いのもセッションでよく感じます。
だから、ブログ上でご紹介したり、どうしてそれが“自愛になるか?”を説明できる機会となればいいなとも思ったので、
”自愛”しているつもりだけど、「それって自愛?」と思われる内容についてお知らせください^^
masami123@hotmail.co.jp もしくは 下のコメント欄に残していただければと思います。                         寧楽感恩