読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

エネルギースイッチの入れ方、間違ってませんか?

次のアップをと思いながらも、
セッション後、セッション中で大切なポイントや
誤解がないよう補助的な内容をメールするというのは
他の方があまりしていない事かもしれませんが、
セッションをより意味のあるものにしてもらいたいという思いから
続けています。が、楽には行きません><
チャネリングしながら書いているものですから。
で、ブログに手が回らなくなり。

そして、セッション後にいつも
「このテーマで次書く方がいいな~」と思うと
その機を逸脱してしまい、次々のセッションがあるので
また間に合わなくなってしまい、
私のPCには、テーマと走り書きをしたブログ下書きがどれだけあることか。
まあ、笑って私だからいいや~と慰めております^^


で、いろいろ最近思っていたテーマがあるのですが
エネルギー切れのSさんに色々と書いていると
最近エネルギー切れを自ら自覚し、ご相談される方も多いので
今日は「エネルギーの二つの源とスイッチの入れ方」を書いてみたいと思います。
なんだかメッセージがつらつら出てきますので。


今までエネルギー切れを起こしてきても
無理に無理にと頑張って来られた方、
また頑張れると心を張っておられる方、
是非そういう方に知っていただきたい点です。


起こってくるエネルギーの源というのは
大きく分けて2種類。
1つ目は、他人軸エネルギー
2つ目は、自分軸エネルギー

ここでも他人軸や自分軸が出てくるんですね^^

 

1つ目の他人軸エネルギーというと、
「外的要因によって動くことの源になるエネルギー」。
簡単に言うと、”やらないと仕方ないから行動するしかありません”という
have to,mustといった受け身的な環境になったので、
無理やりにエネルギーを使って動くという種類です。
つまり、大きく見ると「負」の波動を発生する考え方を基にしているので
結局、霊的エネルギーの消耗も激しく、エネルギーの回復も遅いんですね。
だから、いつもカツカツという心と体の状態になってしまいます。
そういうエネルギーの消耗の仕方は、自分を大切にしていませんよね。
いつか、ポキッと折れる、パチンと切れてしまう危うさをはらんでいます。

 

2つ目の自分軸エネルギーというと、
上の他人軸エネルギーと相対するものです。
「自愛によって動くことの源になるエネルギー」。
簡単に言うと、”なんだか知らないけれどもやりたいな”に近い
自分の生命維持や自愛に結びつく(ほっとする・楽しむ・喜ぶ・守るなど)といった
外的な環境を主にするのではない自主的な立場をもって
自然に循環するエネルギーを使って動くという種類です。
つまり、大きく見ると「快」の波動を発生する考え方を基にしているので、
呼吸をするようにエネルギーが止めどなくめぐってくる
いつもエネルギーが体に”ある”を感じられる心と体の状態になります。
余力があったり、疲れてもすぐに回復するという状態にもなれます。
自分の命を輝かせようと生きるためには、何かしらエネルギーは必要ですから
この状態が一番自分を長く活かせることになります。

 

今まで頑張って頑張って
自分をゴムに例えると
伸ばしに伸ばしきって生きてきた方も多いかと思います。お辛かったでしょう。

やらなければと思って
・無理に嫌々仕事をする 
・無理に嫌々家事をする
・無理に嫌々家族の人間関係の中にいる
・無理に合わない人間関係の中にいる
・したくないことを人の顔色を見てする などなど
本人の神様からすればもうやり過ぎですという状態で無理を続け
・その彼とはお勉強のために合ったので追うを辞める時なのに追う
・認められようと気づきのお勉強のために入った会社で居座ろうとする
・気づいてやることはやったのに、結果に執着しすぎて続ける  などなど

こういう方は「他人軸エネルギー」で
無理やりエネルギーを駆り立てて
やってきておられるので、疲れるんです。とにかく、疲れが半端ないことでしょう。


人ですから
100%「他人軸エネルギー」だけで生きて来た方は少ないと思います。
けれども
社会のしがらみや置かれた環境によって
100%「他人軸エネルギー」に近い状態で来て”もう限界だよ”と合図があったので
パタっとスイッチが切れた状態になっている方が多いのです。

つまり、「エネルギーのスイッチを考え直そう!」というタイミングが来たのです。

次へのステップのためにですから^^

 


今まで「他人軸エネルギー」のスイッチを沢山入れて来た方は
知らない間に「自分軸エネルギー」のスイッチがあったことを忘れたり、
どこにあるのかわからなくなっておられることでしょう。


まずは自分のエネルギーがどんどん枯渇していると思ったら
2種類のエネルギースイッチがあり、
自分はどちらを多く使っているのか?を考えてみてください。


職場にて同じ仕事をしたとしますね。
「また今日も退社までとりあえず仕事をするか~」という「負」波動の考えだと
仕事をしなければならないというhave toの発想なので
「他人軸エネルギー」のスイッチが入り、疲れやすくなります。

「同じ仕事なら少しでも楽しくやりたいね^^」という「快」波動の考えだと
自分から主体的に楽しもう!という発想なので
「自分軸エネルギー」という自愛のパワーが流れるので、疲れにくくなります。


またもう一つ例えると
みなさんお友達や人間関係で困っておられることも多く
人の愚痴に近い話に困りますという場合。
「また愚痴言うのに付き合わされているな~」という「負」の波動の考えだと
無理やり嫌々聞いている発想なので
「他人軸エネルギー」のスイッチが入り、疲れやすくなります。
だから友達との話の後って、すごく疲れるんです~となります。
(そもそも私は、こういう場合には、相談なら聞くけど、愚痴は聞かないという心掛けが必要で、相談でも霊感の強い人であれば長くて1時間半程度に収める方がいいですよとお伝えしています。)

「(その人の)未来に希望をもたらせたらいいな^^(この程度の明るさと軽さ)」という「快」の波動の考えだと
真剣に聞いていないわけではありませんが、
感情移入することなく客観的に自分軸を忘れずに対応できるので
「自分軸エネルギー」のスイッチが入り、疲れにくくなります。
(どうしても人の愚痴や不満という負の波動を浴びると疲れます。
 愚痴不満の話をさせるというのは、その未来を相手が作る手伝いをしている結果になりかねませんだから相談であると意識することが大切です)


今まで
「他人軸エネルギー」で頑張ってこられた方が
「自分軸エネルギー」で顔晴る方に移行して行くときには
一旦止まったように思う時があります。
何もエネルギーが無になる感じになる時があります。気づいて変化が必要だからです。
だから、そういう時には
”今は移行時期!”と焦らず、
この2種のエネルギーを意識されてみてください。

「まだ充電できないの?」と自分を責めるのは自愛の反対ですから、これでは充電が遅れてしまいますから、疑問や焦りが来た時には、とにかく「今」に集中して、”タイミングは訪れるので大丈夫^^”とゆったりと構えてみてください。

 

無理やりは”負”波動の考え方ですから

「この状態を脱出しなければ!」と

意気込むのは逆効果ですから!

 

「それでもエネルギーが足りません!」という方があれば
私でよければお話いたしますね^^


沢山のエネルギーがめぐっていきますように★        寧楽感恩

 

追伸;

3種のエネルギー切れ - はひふへほっ。 笑う門には福来たる も参考にしてみてください。こちらはエネルギーの源のお話ではなく、源から湧きだすエネルギーの種類を書いています。