読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

あなたの天職とは? ★追加

前回には”天職”の定義について書いてみました。
いかがでしたか?今の仕事、今の状態について少し考え方が変わりましたか?
少しだけ追加をしますね。

 

何か形に残るもの
お金になるもの
評価されるもの などなど
定義を考えていただくことで
逆に、自分の中で求めていたものが
自覚できた方もいらっしゃったと思います。

 

このようなものを先に求めてしまうと
神様はお勉強のために
学びのためにいろいろなハプニングを起こしてくれます。

 

”愛と調和を以て”をモットーに
優先して天職をやっていく、

すると
自然と必要であれば地位や名誉、お金、必要な人との出会いなど物質的なものがついていくようなシステム
この宇宙神理のシステムではあります。

 

適職探しのご相談を受けていた時、明らかに神様からの金言、
「少なくとも長くやっていることが”適職(一般に言われるスピリチュアル的天職)”なんですよ。」
という言葉にえらく感心されました。

 

”適職”が何かを探して探していると
どうしても自分がこれから何をするのだという疑問の方が頭を占めてしまいます。
何かできるのか?よりも、何をするのだ?というような
自分の中から探すというよりも、
他人から与えてもらえるような感覚で探しておられることが多い。
それでは、なかなか見つからないんです。

 

あなたがやれることでなければ、
絶対に適職には成り得ないのです。

 

そして、
その仕事に1日従事しただけでは
当然”適職”とは言えないのです。
やってナンボのところがあるのです。
時間をかけていかなければ”適職”になっていかないんです。
自分で”適職”にできないんです、
いくらチャンスがあっても。(イチローさんも1日だけヒットを大量に打っても適職とは人からは思われないでしょう)

どんな形、どんな普通にアレンジしてでも続けることが必要なのです。


やっている中で
自分の中で”適職”という自覚が出てくる。
この自覚がない限り、
あなたの神様からすれば”適職”であるものでも
あなたが自分で拒否をしてしまうでしょう。(諦めたらそこで終了です)

 

すると、次の人生のステップになかなか進めなくなる心の状態を作りだすことになります。
つまり、いつになっても”????どうなの私の人生?”という自分の人生なのに自分の人生でないような、
しっくりしない、自分の心がどっしりしない時間を過ごすことになります。

 

最初から最終的適職まで同じ職種の方もあれば、
段階ごとに仕事が変わっていく中で総合的に最終的適職になる方、
そのパターンも人ぞれぞれです。

 

地球はあなたが見えていなくても周っており、
自然の摂理によって太陽が上がって来るという現象が起こります。

あなたの人生も同じです。
あなたが先を目で見ていなくても、見えなくても進んでおり、
宇宙神理によって、時期がくれば次の現象が起こります。変化ですね。

その時期というのが
タイミングと言われるもので
あなたの心が衝動的に跳ねたり、
外的に変わらずにいられない状況になったりと
合図として、メッセージとして必ず何かが与えられます。

 

この合図やメッセージを受けとれるようにしているためには
自分で考え込んでヘルメットをかぶった状態にせず、
心をいつも柔らかく、
頭も心もアンテナが十分に敏感に張っている状態を
作っておく必要があるということ。

 

そして、そのタイミングを引き寄せるためには
目の前にあることで神様からの課題を”気づく”⇒クリアーする、
目の前にあることを進める
最低この2つを実行すること。
そうでないと、同じところでぐるぐるやっていくような感じに陥ってしまいます。


あなたの適職も、
あなたの人生の進み方、
あなたの心の育ち方で
変わってくることが多いにあります。(運命はあなたの成長とともに変化するので)

 

”これしかない!”を早く見つけたい気持ちは
よく理解できます。
しかし、
”これしかない!(かも)”と取り組む一歩がなければ
適職には絶対になっていかないのも事実。

 

急がば周れというように、
あなたの心や感じる何かが必ず羅針盤になってくれますので
拒否アンテナを強くするのではなく
見つけなければと焦ることをやめていけば
新しく見える景色(心の模様や目に見えてくる現象、出来事)に
もっとヒントを得ることができますから^^

 

難しい話のように思われるかも知れませんが、
ゆっくりと読んでみてください。
あなたの未来を
あなたが一番大切にしてあげてください!応援します。

                      寧楽感恩