はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

♪愛と調和を守るため~♪ 自他・体も心も

韓国にいた時から、ずっと捨てられないでいるアンパンマンのマグネット。
テレビを付けると目に入る、やなせたかしさんの特集や情報。
(といっても、ぼ~っと視聴していたのでうる覚え

f:id:neiraku123:20151011104328j:plain

 

そういうことか!と魂の親のメッセージに数年経って、
今更ながら再確認することに。
というのと、宇宙と波動と愛とについての新しい情報が降りてきました(こちらは別の機会に)。

 

愛と調和・・・・


つねづねから言い続けていますが、
説明をするとなると難しい方も多いはず。
私も昔はそうでしたね。
スピリチュアル系の本を読めば、”愛する”とさらって書いてあるのですが、
それこそ、この本の著者はわかっているの?と思いながら読んでいたこともありました。


愛とは何か、調和とは何かは
それこそ、その人その人によって定義が違うとは思います。
そして、愛し方、調和の仕方もその方の心の状態によって
すこし訓練・レッスンが必要な人と、
すでに出来ている人というように
人生のどこのステップにいるのかによっても違っています。


でも、大枠・大前提はあると思うのです。
(ご相談の時には、愛し方・調和の仕方について相談者の方の魂の親に聞いて具体的にお答えしていますが、どの人にも相当することです)


「愛」とは、意思
「調和」とは、意志


 意思とは、そこにある心・思い
 意志とは、そうしようという心・思い

 
 愛を以て調和することで、平和にアンパンマン精神です!


そして、もう一つ、「愛と調和」を自覚して、実行しようとするときに
見落とされがちなものがあります。私も昔、見落としていました(苦笑)

誰を愛すのか? 誰と調和するのか?
この対象者(物)になるものです。


愛しましょう!
調和しましょう!
と言われると、先に頭に思いつくのが自分以外の者(物)。


でも、一番先なのは
自分を愛しましょう!
自分と調和しましょう!
なのです。

 

自分を愛せない人は、人も愛せません。

自分と調和できない人は、人とも調和できません。

 

そして、もう一歩踏み込んで言うと、
自分自身を愛しましょう!
自分自心を愛しましょう!
というように、心と体の両方を愛しましょう!ということ。

自分自身と調和しましょう!
自分自心と調和しましょう!
というように、心と体の両方と調和しましょう!ということ。


体の不調を抱えた方の相談を多く受けるのですが、
・自分の本心を知らずに(向き合わずに)自分を愛せていない
・自分の心は愛そうとしているけれど、体を愛するのを忘れている
・自分の心はわかっているが、どう自分と調和させればいいのかわからない
など、愛すことと調和することが欠如している状態の方(波動が低くなる負の考え方をされている方)がほとんどです。

 

痛いから、痛い自分の体がイヤになり(体を愛することを忘れる)
治らない事実に心も辛くなり(更に愛せない状態が続き、心と体の調和が崩れる)
という状態になり、ますます治りを遅くされている方も多くあります。

少なくとも痛みは神様からのメッセージなので、
逃げても逃げてもメッセージを掴まないと終わらないのです。
また、このメッセージの大前提にあるのは
「愛と調和」の考え方がずれてきていますよというお知らせなのです。
(実生活の中での改善方法である思考の変え方が具体的な方法になるので人ぞれぞれ違いますが)

 

端的に言うと、愛と調和がない不幸な道に行くのをストップしようとしてくれているのです。


♪愛と調和を守るため~♪
少々、本当のアンパンマンの歌詞とは違ってはいますが、
もし貴方が苦しいならば、自分の愛し方(意思)と調和の仕方(意志)を見直してみてください。
アンパンマンは、バイキンマンも助けるくらい大きな愛をもって、調和しようとしているのです^^やっつけることが正義という愛ではないのです。

                           寧楽感恩