はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

神様からの誕生日プレゼント

123の今日は、ふみの日とも言われてますが、私の誕生日です。

ある年の今日は、特に私にとっては転機となった日になりました。

 

書道心理治療を勉強のために韓国で滞在をし、

勉強ばかりしているわけにもいかないので

韓国と日本をつなぐ仕事をしていました。

 

なんでも一生けん命にしてしまう私は、

仕事に没頭してしまうと体力時間的に書道心理治療の勉強に手がまわらずという韓国での生活になっていました。

 

もともと中国に留学していた20代前半からビジネス通訳もしていたので

(今もやっていますが)、ビジネス慣れをして、言葉もできるということで、韓国でも声をかけてくださり、スカウトという形で就職先はすべて決まっていました。

 

が、・・・・・・

 

それぞれ1年近く働いた会社から

「明日から会社に来ないでいいです」と通告を受けることが 

3回も!!!!

3社も続いたのです!!!!

 

最後に務めた会社は極め付けでした。

数年前の誕生日の今日、誕生祝のランチを食べようとお誘いを受け、

その席で明日から来ないでいいと通達を受けました。

 

この会社が実質仕事をしていた内容はすべて私が営業をしていて

時には日本に出張したり、時には日本の会社からの方を接待してお食事や飲み会にもついていき、体が強くなく女性の私には辛いことも多かったのですが、

会社の案件を作るため!と一人奮闘していました。が、日本人女性ということで差別的な感情を受けたり、

いろいろと辞める前も大変な状況だったのですが、お金をもらっている立場としては

とにかく一生けん命務めていたのですが、誕生日の1週間ほど前にとうとう神様からのストップが入り、肺炎まで起こしていたのです。

でも、我慢強い私は「会社のために!」と懸命になっていたところでした・・・・

 

だから

「明日から来なくていい」という解雇通知は

神様からの最大のギフトでした。

 

書道という伝統文化の世界でやってきた私は

どんなに苦しくても耐えるという

根性だけがついてしまっていたので

「自分を大切にするということを後回しにしてますよ」ということに

気づきなさい!という神様からお達しでした。

 

そうでもしないと、私は自分をまたまた追い詰めて、体を壊すまで

張り切って、責任を全うしようと頑張りすぎるからです。

本当にわかりやすい「ストップ」が入りました。

止めてくれた神様に感謝です!

 

私が解雇された3社というのは、その後聴くと、3社とも6か月以内に倒産したということでした。お給料がもらえないと泣いていた社員もいました。

国柄もあって、私が道をつけていた仕事であったのですが、日本人なら誰でもできると社長さんが「人を大事にしない」という考えの浅いところがあったので、私の解雇後、取引先から手を引かれ、余計に早い倒産になったようです。(うすうす、霊感の強い私は社長のやり方を意地でも通すなら倒産するな~とは視えてはいましたが、それは社員としては言えませんでした)

 

1度で気づかなかったので、

3度の「明日から来なくていい」と言われ、

ダメ押しは誕生日に言われたことは、

「もうあなたがあなたにしか出来ない仕事をしなさい」というように

神様から許可をもらったように感じ、今につながっています。

 

ご相談の中には解雇されたことへの相談もあります。

でも、解雇されることは、一生けん命に会社のためにしてきた思と労力を考えると当然つらいことでしょう。

自分が辞めると言って辞めるのではなく、

会社からの通達であれば、それは神様からの温かいメッセージやギフトです。

あなたの人生をより輝かせるため、

より幸せを感じられる選択肢をもたらすため、

あなたのために起こしてくれたことなのです。

(根性のあるあなたからは、辞めるとは言わないと神様はわかっておられるので)

 

誕生日に明日から来なくていいなんて言われたり、

1年近く働いた会社3社(3年近く)から言われるなんて、

映画や漫画でもなかなかあるストーリーではないです。

 

相談のお仕事を始めた大きなキッカケになった出来事ともいえると思います。

本当に世の中不思議なことだらけ^^

39の今年、正月に私の神様からもらった言葉を信じて、

室内ばかりでなく少しは外に出ていこうかなと思っています。

                             寧楽感恩