読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

2枚目のモナリザの真偽をチャネリング

ふとテレビをつけると、

レオナルド・ダビンチのモナリザについての

特集をやっていました。

 

特集の目的としては2枚目のモナリザ

存在するかどうかの世界的な流れを追ったもの。

 

当然、番組だから当時の残された文献の出典と

付き合わせての考証となっていた。

まずは3枚の絵がテレビで次々と映しだされました。

 

なんだか、こういう答え合わせする番組が好きな私。

さっそく、この3枚がどうなのかな~とアンテナを伸ばし始めました。

チャネリングをし始めました。

 

こういう時のチャネリングは

「本物かどうか?」だけを聞きます。

絵を描いた人を映像で落すことはせず、

ただ「yes か no」だけを聞きます。

 

1枚目・・・・no

2枚目・・・・no

3枚目・・・・no

 

あれれれれ????

 

どれも「no」じゃない!!

テレビの中では3枚の候補があるので

その3枚の中から本物があるような展開の仕方を

しているのだけどどうして???

 

と思いながら見ていると、

CMの後に実は4枚目があるという展開に!!

 

やっぱりね!

 

これで本物はどれでもありませんでしたでは

番組として成り立たないだろうし。

 

4枚目が映りました。

これこれ!! 「yes」って言われましたよ。

 

さあさあ、この4枚目が本物と放送してくれないと

私のチャネリングがまずいってことなのよね~と

テレビを見ていると・・・・

 

ほっとしました!!

この4枚目が本物と放送されました。

 

科学的ではなく

何を根拠にしているわけでもないので

本物ですとなんて誰にも言えないですが、

時々、こうして楽しいんでいます^^

 

カルチャーセンターに講義を聞きに行くと

講師の研究話の中に「・・・と言われていて真偽がはっきりしていません」と

おっしゃることがあります。

そういう時も、チャネリングをしながら

これは本物だわとか、先生研究しないかしら?と思ったりする時があります。

 

私の頭が良ければ、論文にできるのでしょうが

私の場合には、仮設というか結論がわかるだけで、

証明する行程がわからず、できません。

 

この能力により、つらい時もありますが

楽しく使っている例をお話しました。 

                       寧楽感恩