読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界と和の法則、地に足つけて幸せを~

それでも”さみしさ”が出てくるあなたへ

前回のブログアップからは少し時間が過ぎてしまいましたが、
その間に桜の季節を過ぎ、GWも過ぎと変化変化と日々の移り変わりをより多く感じる今日この頃です。


私のGWはというと、いつものように家のこと、書道、セッションと特に休日的なこともありませんでしたが、
GWほんの少し前から、まあ怒涛のようにいろいろと神様からのメッセ―ジやら合図やらで
心は大丈夫なのですが頭の飽和状態となっておりました><


この飽和状態になる前に、前回の「さみしさは埋めない❤「ある」へのシフト」

さみしさは埋めない❤「ある」へのシフトサイン - はひふへほっ。 笑う門には福来たる

の次の内容はこれにしよう!というか
神様的には、これがセットですとおっしゃるので、
前回の”自愛的に見たさみしさ”のセットとして、
今回は”慈愛的に見た さみしさ”書いてみようと思います。


”さみしさ”は
自分の身の周りにある「ある」を知り、
そして自分の中に「ある」を知る”自愛”であるとお話しました。

自分の中に「ある」を知るメソッドとして”自分を満たす”という方法を以前のブログでもご紹介しました。


すると、
一人でいても楽しめる♪
自分は自分でいいと安心できる♪
一人の時間も充実できる♪
気持ちの乗らない会合にはでない方がラク♪
私って意外とひとり上手だったのかも♪ などなど
一人でいることの”快”の波動を発生する思考や心に慣れてこられた方もあると思います。

 

誰かに楽しませてもらおうとか
何か(食べもの・お酒・・衝動買い・衝動○○となるもの)で紛らわせようとかといったように、依存していたから苦しかった、
「あるかのよう」で「ない」を追い続けていたから苦しかったんだろうな~と
過去の自分を振り返ることのできるくらい(この内容で、すでに頷いておられれば、すでにひとり上手者です)になっておられる方でも、実は”さみしさ”が出てくることもあるんです。


最近”自愛”できていたと思っていたのに、
「とっさに”さみしさ”出てきたんだよね~、どうしてだろう?」と考えておられた方に、
それはそれでいいんです! 方向として合っていますよ! 疑わないでいいです!
というお知らせをしたいので、今回の記事なんです。


この”自愛”がある程度できてきたはずなのに・・・の”さみしさ”の原因は
ずばり2つ(今はそう書いておきます)。


まずは、1つ目。
これはよくあるパターンです。
よくあるというのは、所謂「神様のお試し」という
”あなたは本当に課題を身に着けましたか?”というご確認です。


”さみしい”は恋愛・夫婦関係で出てきやすい感情なので、このパターンで見てきます。
例えば、
(楽しく話せた時間を思い出しながら”さみしい”が出て来た場合)
「またあんな時間を過ごしたいとは思ってくれないのかな」で、さみしくなる
「私だけかな、楽しいと思ったのは?」で、さみしくなる
「あれだけ盛り上がったなのに、何で?」で、さみしくなる
「私がさみしいこともわかってないんだろうな」と、もう違う意味でさみしくなる
「私一人で盛り上がってるんだわ」と、さみしさの上にさみしさを乗せる
などなど、いろんな気持ちのパターンを経験された方もたくさんあるのではないでしょうか?

 

”あなた、戻ってますよ!”のチェックなんです。
”自愛”の反対に戻っていますよ確認なんです。

その中でも、みなさん人間関係でやってしまいがちな”他人軸”。
人の気持ちを考える優しい気持ちがあり、真面目な人ほど陥りやすい反”自愛”です。
もっと端的に言うと、人を優先に、でも自分に優しくない反”自愛”です。
自分軸が揺らぐ時がありますよのお知らせの「神様のお試し」。

このように、上の例は他人軸で見ていきました。
他人を軸にしていては他人主体で依存がちになるので、いつまでも自分が「ある」にはなりませんよね、
自分で自分を「ある」にするのが自分を満たすのですから。

自分の心は自分で満たす~これも自愛 - はひふへほっ。 笑う門には福来たる


このように、”さみしい”を埋めないで、自分を「ある」にシフトして自愛するようにという自分主体で生きる、
そんな確認のための”さみしさ”がこの1つ目のパターンです。

 

そして、2つ目。
これが今回特に言いたい”さみしさ”なんです。
あなたが、1つ目の「神様のお試し」の”さみしさ”でないのに、”さみしさ”を感じた時!
クリーニングをしても”さみしさ”を感じた時!
自分を満たしても満たしても”さみしさ”を感じた時!

 


あなたがステップアップしている証拠なんです!!!!


”さみしい”って思っていいの?

 

 


思っていいのです。
というか、「思ってください」と神様からのステップアップのメッセージなのですから^^
思わないとステップアップのタイミングのお知らせを逃してしまうことになります。

 


ずばり、何のお知らせなのでしょうか?

 

 

宇宙のシステムからすると、
すべては繋がっていると言っても難しいと思うので、
私たちの生活に視点を下して言ってみると、

「一人で生きていくことはできない」。


この世に生まれた時にはすでにお母さんと繋がり、
誰かが作ったいろいろなものに囲まれと、
絶対に生まれた瞬間から誰か何かと関わることになっています。
(この関わりもあなたの神様が事前にしっかりと決めてくれているんです^^)

 

あなたがこの世に生まれて、この社会の中で身に着けた思考癖や考え方で自然と”自愛”でなく反”自愛”に傾きつらくなると、
自分から他との繋がりを断ちたくなるようになってきます。だから人間関係が苦しくなる・・・嫌になる・・・
例えば、意地を張ってつよがる、自分だけでやり抜こうとする、和を不要とするなどといった、
「個」に入ろうと入ろうという意識が強くなってしまいます。

 

一旦「個」に入っても反”自愛”でいる限り、
自分を自分を愛していない限り、いくら「個」に入っても「個」で”負”の波動の考え方で悶々とするだけで、滞る。
それでは、人生の流れに乗るんだ!といくら願っても願っても、引き寄せの法則をしたところで、滞る。
自分で自分を滞らせているのですから、一生けん命にあれこれ手段を尽くしても、滞る。挙句の果てエネルギーも切れていく・・・
八方ふさがりになるのもよ~~く理解できます。


”自愛”が出来てくると、「個」に入っていた自分から抜け出してきます。
自分もあって、他もあるんだというように、心が他者との和の方向を向き始めることができます。
滞っていたのが、循環し出すんです。(心と体のエネルギーも最近あるんだよね~の人、あなた循環し出しているんです)
流れ出すんです!!!
あなたの人生にとって、よりあなたの波動にあった人と出会い、そして物事が進むようになるという流れです!
つまり、あなたのらしい人生を全うできるように、自然と輝き出せる流れに乗れるようになっていくんです!素晴らしい^^


”自愛”がそろそろできてきたから、
”慈愛”に向かっていきましょう!という神様からのステップアップのタイミングのお達しなのです。


「個」が外に循環できる準備が整いました!
さあ、みなさんと調和を以て一緒にやっていきましょう!
という魂というあなたの神様からの声なのです。

 


自分を愛せば
自分が愛を外に流せる。
循環して、また愛が戻る。

このよう怖がらないで”自愛”の後には”慈愛”で、
仕事も人間関係も家族のことも、あなたに関わるすべてのものに愛を流して、
循環されてくる”愛”を受け取ってください、感謝という言葉を添えて❤
循環されてくるものが”愛”とわかれば、拒否したり逃げないでいいでしょ^^
すべてはあなたにとって必要な流れなのです、たとえ本人にとって望まないことでも”気づき”という愛がプレゼントされていますから。

 

”さみしい”と思った時には、
そろそろ人との繋がりに意識を持って、
自愛を慈愛に広げる時が来たんだと「ニヤっ!」と一人喜んでみてください。


逃れようとするとするほど”さみしさ”も含めて、
”負”の波動を発生する心地の悪い気持ちに嵌ってしまいがち。
そうではなくって、
神様からすると、「”さみしさ”の奥にある本当の自分の心を知って!」という
よりあなたがあなたらしく輝けるよう、
あなたにとっての幸せの流れに乗るために必要な自分の心を知るという”自愛”のためにある感情なのです。
逃げないで、あなたの本心を知るための機会なんだとWelcomeで、受けとめてあげてください。”自愛”があって”慈愛”、”さみしさ”の合図はあなたの幸せのために必要なんです❤

                           寧楽感恩

さみしさは埋めない❤「ある」へのシフトサイン

自愛をしていく過程の中で、
改めて見えてしまう思い・心があると思います。
この”さみしさ”もその一つではないかと思います。
今日は、この”さみしさ”について自愛的視点から書いていきますね。

 


今まで、がんばってがんばってがんばって、
ふんばってふんばってふんばって懸命に生きてこられた方の中には
A.「”さみしい”なんて言っている暇なかったわ」
B.「”さみしい”と思うとより”さみしく”なるから、できるだけ思わないようにして来たわ」
C.「”さみしい”ということ自体考えたことがなかったわ」
そういう方も多いと思います。

A~C,こういう方は、屈強な自制心でもって心に鎧をはおってやって来られた方だと思います。
Aタイプは、忙しくて自分の心を顧みる暇もなかった
Bタイプは、もっとさみしくなるのを避けたくて自分の心に蓋をしたり、見ないようにしてきた
Cタイプは、そもそも”さみしい”という感情・心さえ自分で気づこうとしないままやってきた

 

私もそういう時期がありました。
いくらやってもやっても何か満たされない自分にも気づくことにもなりました。
この3タイプ共通点があるんですね。
それは、「自分の”さみしさ”をスルーしている」。

 

もうすこし踏み込んでいくと、自分で自分の心をじっくりと顧みて、そして感じることを避けてきた、またはしてこなかったということ。
「自分の”さみしい”を放置してきた反”自愛”」なんです。
つまり

「自分の”さみしさ”をしっかりと自分の心で引き受けて”自愛”をしましょう!!!」いうことなんですね。


勘違いしないでください。
心を引き受けないまま”さみしさ”を埋めようとするのは、”自愛”ではないということを。
心を引き受けないまま”さみしさ”から逃げようとするのは、”自愛”ではないということを


そうすると、「どういうこと?」「じゃ、どうするのこの”さみしさ”?」となると思います。
私もそう思っていましたから・・・・

 


神様曰く、
「”さみしさ”は、悪いものとして無くそうと無理しない。
 ”さみしさ”を無くそうとするから、苦しむんだよ。
 ”さみしさ”を感じて苦しいのが嫌だなと思ったら、考え方を変えればいい。
 ”さみしさ”、”さみしさ”として受け入れて、意識を「ある」に向けるためにある”さみしさ”だ」と。


”さみしさ”は”さみしさ”として、認めて、引き受けて、
”さみしい”のが好きでなければ(時々さみしいことを楽しんでおられる方もあるので)、
「ある」という考え癖にシフトしましょうという合図だということです。

 

この「ある」という考え癖にシフトしましょうというのは、
”さみしい”という時の心・感情を探ってみるとわかりやすりと思います。
楽しくない
満たされない
懐がさみしい(お金まで寂しいとは!お金がない
一人しかいない
わかってくれない
怒ることもできない
助けてくれない  などなど
”何かで埋めよう!”としても、「ない」が基本視点なので、結局埋めることはできないまま苦しみが続きます。
「ない」という心・感情がどうしてもセットで繰り返されるんですね。苦しいはずです。
陰と陽、黒と白、有と無、この世界で”気づく”ためには、神様は二極を作っておられますが、まさにこれなのが「ある」と「ない」。

 

だから、
どちらかというと、”さみしさ”の場合は、陰であり、黒であり、無でありと、暗いイメージで”快”でない「ない」になるんですね。
じゃ~、消していいのか?というと、消してしまうと、陽や白や有がわからなくなってしまうので、
”愛と調和”を学ぶためには、”さみしさ”はある方が私たちにはわかりやすい^^
私は、さみしさも毛嫌いしてましたからっ!!

 

「ある」を知るための「ない」。
「ない」を知ったので、「ない」をスルーして、認めないでいるとずっと、「ない」ままで、
宇宙の法則に思ったことが現実となる「ない」未来を創っていくことになってしまいます。
だから、自分が「ない」という”さみしさ”を一旦認め、”さみしい”に気づいてあげることで、
”さみしさ”の「ない」から「ある」へのシフトを始めることができます。


そして、更にもう一歩、ゼロフラットクリーニング法を応用しまして、
”さみしい私も、かわいい私! LOVE!!"
「さみしがっている私も、私の本心、じっくり自分の心を抱きしめてあげよう~ LOVE」と
ジンワリ温かい気持ちで、自分の心・気持ちを包んであげるLOVEです^^
”さみしさ”対処の自分ひとりで出来る”自愛”法です。

 

”さみしい”思いをwellcomeで受け入れられほど人間強くないとは思います。
誰でも”さみしい”と思うものであり、だからこそ“自愛”ができるようになる。
そのために”さみしさ”を知る要因となる”他者”があり、“慈愛”を学び、ひいては”慈愛”することができるようになるのですから。

 


引き寄せ法則で巷で言われるのは、
「さみしい者同士が引き寄せられると、恋愛・夫婦関係は長続きしない」と。
どうなのかな?と・・・・


本当に自分の心や気持ちをわかっていれば、
神様からの”ある”を知るお知らせとして”さみしさ”があって当然なんですね。
(それを感じないとか、蓋をして、”さみしさ”がわからないのは、それ以前の問題で、自分の心を自分で感じられるように・・というところから始める必要があります)

”さみしい”からと自分の心や感情を引き受けて”自愛”することをしないで
「さみしいから付き合いたいの」
「さみしいから楽くなりたいの」
「さみしいから幸せにしてほしいの」などなど、
人に”さみしさ”から抜け出すように依存する心を持つ者同士が引き合うのが問題なんですね。
自分で自分の”さみしさ”を引き受けて「”さみしい”自分を温かく包もうLOVE❤」がないから、
「人に温かく包んで欲しいのよ、無理やりLOVE」を求めてしまうんですね。
これだと、お互い”欲しい””欲しい”で、恋愛・夫婦関係はうまくいかなくなるのも仕方無い部分があります。お互いに相手の”さみしさ”を押し付けたり、引き受けてしまうと、疲れてしまいますよね。
思っているように慰めてもらえなければ不満が多くなり、うまくいかなくなるのも当然です。


私の神様的には、
”さみしい”と自分の心や気持ちに素直になれて、
”さみしい”と自分の心と気持ちを自分で引き受けることが出来る者同士が
お互いがが自立した状態であれば、持たれ合いにならず、依存にならず、
よい関係が維持し続けることができるということです。自分ができないところは依存でなく補ってもらう、また”慈愛”を学ぶためには、パートナーがあってこそ経験として学べるのですから、”さみしさ”がゼロの人を探すことの方が超困難です。

 

最後に、
”さみしさ”もあなたの一部、LOVEで抱きしめてあげましょう❤     
                                  寧楽感恩

 

霊感体質で「ツカレ」やすいあなたへ

宇宙の法則的生き方とは何ぞや?と自分なりに研究していくキッカケになったのは、
自律神経失調症となり、心臓は120拍/分でうつわ、内臓は固く冷たくなって動かないわ、
いつもピリピリして頭が緊張モード、肩も首もいつも凝っているわと、マッサージや整体にいくら通っても一向に好転せずと、
20代後半、これ以上ないというくらい体も心もアップアップしているのを何とかしたいという思いからでした。
私自身、書道という芸術的なことに携わるという職業柄、
「感受性が高いのはいいこと。敏感なのはいいこと。神経が繊細なのはいいこと。」と
この霊感体質、すぐに憑けてしまうのは生まれつきで、仕方のないことなんだと間違って思い込んでいました。


「憑かれる」霊感体質は改善できるんですね。
人と接した後に「疲れる」度合いがひどいという方も改善できるんです。
エネルギーバンパイア―なる言葉が巷を歩いていますが、
このバンパーアーから自分を守るということができるのです。
ご相談を聞いていると、この対処法についての質問も多くいただきます。私元気なんですと何かを憑けていたり、受けている人ってまずいませんから。
生まれながらに「憑く」「受ける」なんて言葉とは全くご縁の無い方もいらっしゃいますが、
今日はそうでない方のために^^


いろいろと試してみて、その方法なるものが神様のヒントを拾い集めてお話しできるかなと思いますので、
自分に必要な繊細な感覚や直感は取り入れて、
自分が疲れるような、憑かれるような体質は改善しましょう!

を綴ってみたいと思います。
つまり、生きていない霊に対しても、普段接している方たに対しても共に通用する方法です。


いろいろと試したものとして

①20代の頃、ある有名なスピリチュアル系の方に聴くと「自分が喜ぶことを増やしてみてください」と言われてやってみる・・・・
自分が楽しいとか喜ぶという感覚さえも薄れている毎日、自分の心を無理やり喜ばそうとして頑張ってはみたものの。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


②水晶(パワーストーン)を持ってみる・・・
水晶が邪気を払ってくれるという巷のお話に従ってみたのですが、水晶自体に問題があったのではないはずだったろうし、
水晶と自分の相性として片付けるのにも違うだろうしと。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


③粗塩を持ち歩く・・・
私が持っていた粗塩に何の責任もないと思うのですが、何か特に変わった気もせず。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


真言を唱える(お札をはる)・・・
お不動さんの真言やお経を唱えたり、九字切りなどなどが一般的に言われているもので、
覚えるのも苦手な私が一生懸命にしたものの、一生懸命さだけで効果がそこまで感じられず。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


⑤バリアを張る・・・
結界を張ったり、瞑想をして自分を金色やピンク色のオーラで包むなど、自分を意図的に防衛する方法ですね。
オーラで包んで気合を入れたとしても、ずっと長時間その人と対している間中ずっと強いバリアを張っておられるほど器用ではありません。
私は何か特殊な修練を受けたわけではありませんし、習ったこともありません。だからみなさんと同じなんですね。
これは私には向いていない&バリアが切れる瞬間がわからない私には無理だと知る。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。

 

⑥「笑い」で跳ねのける・・・
ヨガでも私の住む町でもノーベル賞候補に上がってもいいほどの学者である村上和雄先生が「笑い」が健康にいいと提唱され、
ここ最近ではずいぶん「笑い」と健康についての効果研究が盛んになってきている様子。
試す私は、お笑いを見ても一瞬、心が落ち込んでいる時などはお笑いを見る気にもならず、ヨガといっても一人で笑うには限度もあると
「笑い」は無理しようとして出来ない時の方が多いということで私には合わず。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。

 


巷で有名なことはこのくらいでしょうか。もっとあるかもしれません。
私が長年やっている中でわかっていることは、
①~⑥の方法が間違っているわけではありません。
でも、この方法だけやっても効能が発揮されません。


「間違っていないのに、効果がでない!!!!」
これが問題なのです。

 

 


その理由は?

 

 

 

電球が光るのは、スイッチが押される前に電気が通っているから。

 

 

そんなところがヒントでしょうか。

 

 

電球が光る → 効果が発揮される
スイッチが押される → ①~⑥など対処法を実践する
電気が通っているから → ?


この「?」は何でしょうかということになります。

 

 

 

「?」の正体は、”自愛”。

 

この”自愛”は”慈愛”ではありません。
本当に自分への”愛”なんです。
とにかく”自愛”なんですね。
(自愛についてはブログの中で時々書いているので参考にしてみてください)

自分がヘロヘロ、エネルギーが枯渇している状態なら、まず自分なんです。

 

”自愛”ができていないと、心の波動が低くなるので、波動の低いものが集まってきます。自分へのバリアが薄れていく感じになります。
例えば、
・他人軸になっていると友達の話の後にどっと「ツカレ」やすくなります。
・人のためばかり思っていると、自分を守ることができずに、放出ばかりで「ツカレ」やすくなります。
・自愛が出来ない人を相手にすると、相手が自分でエネルギーを発せいしないので、人から補おうとするので、「ツカレ」やすくなります。
特にお仕事で接客業や直接人の体にふれるお仕事をされている方は、”自愛”がおろそかになると防衛ができず、
癒しを求めてきている(悪く言うとエネルギーをもらいに来ている)方に持っていかれてしまいます。「ツカレル」はずです。


私のことでお話すると鑑定の時には、
できるだけ楽しくお話をさせていただきます。お話する中で、自然と波動を変えてきますので「憑いている」ものは取れ、「疲れる」ものを放していったりしています。
同じ悩みをお話するなら、暗いよりも楽しい方が波動が切り替わり、
自然と「笑い」が出てきて、「笑い」の効能である体のエネルギー循環を活発にさせることにより、
聴いている方も話をしている方も、そもそもあるエネルギー循環の流れに戻すという効果も出てくるからです。
決して関西人なので、楽しく話をしているわけではないんです^^

 

 

とにかく”自愛”!
これが「ツカレナイ」コツです。

 


”自愛”をしながら、より安心があればいいな!
(決して、自愛できないから、安心したい・・・では効果が発揮されません)
という方には、試していただければと思う私的対処法です。

 

f:id:neiraku123:20170309103311j:plain

写真左側、ヒマラヤ紫岩塩、真ん中の麻袋が文香、お花は彩りが悪かったので文鎮を^^

①文香
写真の中に映っている麻の袋に入ったお香。
バンやお財布など、携帯に便利です。
私が買うのは奈良に本社のある遊中川さんのものです。
特に、亡くなった霊に憑かれやすい人にお勧めです。(こんなことでお勧めするのは何ですが)
入院時に使っていただくと、霊を次の日から感知しなくなったとか、
肩の痛みが緩和されたなど、実際効果の報告が多いものです。
使い方は、酷い時に体に密着させる。睡眠の際には、首筋と肩甲骨のところに置く、
肩が痛い時には女性なら下着に挟むなどが効果的です。


②お風呂に入る
この時にお酒+お塩の入ったお風呂に浸かると要らないエネルギーが出やすくなります。
私は、実はお酒を入れることは少ないです。
ヒマラヤのピンクの大きな岩塩をバスクリンだと思って入れて、
「エネルギー循環して、要らないエネルギー排出!」と循環を意識して入っています。
(写真のものは、ヒマラヤの紫の岩塩です。こちらの方が効果あります。
 特に仕事でいろいろな波動を受けるPCにこの岩塩を置くと調子がよくなります)


大きく2種類くらいです。
面倒くさがりな私は何もしたくない派なので。
クリーニングをしてあげないといけないパワーストーンも持っていません。
時々あまりにも何も「無防備」に見えるようで驚かれることはありますが。

 


あれやこれやと「how to」を試してみるより、
まず”自愛”を心掛けてみるという「あり方」に意識を置いてみてください。
すると、少しずつ「ツカレル」状態が変わってきますから^^

                        寧楽感恩

 

追記;上記の「②お風呂に入る」で浴槽にお湯を溜めることができない方からの質問がありましたので、記します。セッション中で、私も憑いているものを複数取っている(ご本人に知らせないままの時もあります)場合には、腕のある部分に疲労が来る時があります。そんな時や、強力にエネルギーを入れたいと思う時には、

「太陽を背にして(当たりながら)、”吐く”を意識しながら自然を感じながら歩く!」30分程度は歩きます。スピードはゆっくりでも早くでもいいのですが、・出す!・充電!とこれを意識して、子供が寄り道するような感覚で、リラックスして歩きます^^

 

育みの性★すべての女性は「美しい」 & 女性疾患の霊性的意味

2月に入りそろそろ次のブログをと思っていたところ
突然、この冬最初の雪の日、就寝の中、本当に永眠をして逝きました。
どこが悪いというのではなく、96年使用した生命維持たる宇宙服が全体に磨滅したためでした。
祖母の住まいのあたりは私の住まいから7、8分程度と近く、
奈良でも昔ながらの風習の残るところ。
家族葬とはいかず村の人がお手伝いくださり、
葬儀を終えても49日まで毎日御詠歌を唱えたりと、
大変厳かなお見送りをしています。
寒さの中でのお勤めが思った以上に響き、こんな時ですから無理もしてしまい、
体も悲鳴を上げていましたが、ようやくブログの書けるところまで回復してきました。


祖母を回顧ながら、偲びながら、
女性という体の性を受けて生まれた方へ
スピリチュアル的女性疾患の意味と少し心に留めておいていただきたい神様からのアドバイスを交えて書きますね。
私のブログを拝見くださっている方の多くは女性であり、またシングルマザーの方も実は多いのです。
そういうことから、いつものようなどっぷり「宇宙の法則の使い方解説」的ではないかもしれませんが、
女性に向けてのエールを送りたいと思って書きたいと思います。


46歳の時、未亡人となった祖母は再婚もせず、昨年祖父の50回忌まで済ませて、就活をして亡くなりました。
今でいうところのドラッグストアーの縮小版の化粧品店を営みながら、
アスペルガーの二人の息子を育て大学院・大学にも行かせたスーパーおばあちゃんでした。
孫の私からすると本当に真似のできないほど活力に溢れ、
簡単には言い表せないほど女性として「自分」を貫いた尊敬に値する方でした。


いつもハイカラで、どこに行くにも自分の作った服を着て、
日差しが当たらぬよう手袋・日傘は欠かさず、
どこに行くことのない日も寝間着ではなくいつも家着に着替えと身なりという「美」には心を置いていました。
自身がもともと化粧品店を経営していたため、お化粧することは特に大切で、
足が悪くなり買い物に行けなくなった晩年には家族に頼んで、
ファンデーションや口紅など指定のブランドのものを購入してもらい、
資生堂のエレガンスなラインのもので毎日のお手入れをして、
亡くなる日の就寝前にもしていたというくらい「美」を心の張り合いにしておりました。食が細くなった分、より楽しみが「美」に向かったのでしょう。
おくりびとの方にも「えっ!96才には全然見えない肌艶です!」と言ってもらえ、親族からは「美魔女」と称され、さぞかし祖母も喜んでいたことでしょう。
家族からは、「96にもなっても私たち以上に毎日お手入れをしてパックも時々するほど、綺麗にしてはるねん。誰に合うこともないのに」と言われるくらい、
大変山奥の田舎で誰かに見せる目的でもないにもかかわらず、それでも自分なりの「美」をしっかりと守ろうとしていたのだと思います。


私が神様から言われた中の一つに、
「(容姿が)美しいから美しいのではなく、
(費用をかけて)美しいから美しいのではなく、
 自分の醜さもすべて受けとめてた上で、自分の「美」の最善を尽くす心が美しいから美しい。
 育む心は女性に与えられた特別な心。(ちなみに、男性は開拓の心です)」
と、そのような言葉が降りてきました。

 

宇宙神理的に簡単に言うと、
「自愛」の中から自分なりの「美」を模索し育くみながら、その心を通して命を輝かせて寿命を全うされたということ。

 

自分の欠点を隠すための装いでなく、
自分否定をしながらの仮面の装いではなく、
自分を満額肯定した上での、「美」を表現するのが好きでただ心のままに続け、育み、それが形となり人生の喜びとしておられた。
今から考えると、「自愛」のお手本のような祖母でした。


痩せたら痩せた時、
太ったら太った時、
皺がよれば皺がよった時、
どんとこいとその時々の自分を受けとめて、
その上で、その時の最適な自分を装う(化粧をする、着飾る)。
自分でないものになろうとするのではなく、
自分でありながら、そこで輝く。
そこには自分を美しく保つ・育むという心での「自愛」がなければできないこと。
自分をみじめな状態に放置しないという心の「自愛」がなければできないこと。
自分が、自分の生き方が美しくないからといって自分を否定して新な自分に変えようと男性的な開拓的攻撃心が強くなると女性としてはバランスが崩れて、神様からのお知らせが入るようになります。


ここでは、高い化粧品を買ったり、エステに行ったり、無理なダイエットをしたり、
高級な衣類を購入したりと、そういう「美」を言っているのではないのです。→自愛できない人はこちらに先に心が向いてしまいます。
そんな見かけ倒しの「美」は、年を取ればとるほど剥がれ落ちてしまいますので。
その人柄が顔に出ると言われますが、まさにこのことだと思います。


ブログを読んでくださっている方の中には、
本当に心が苦しくて、「自愛」がなかなかできずに、”快”の波動を発生する考え方もよくわからないし、
とにかく体も心もだるくて重くて・・・・という方もあると思います。そのような方は、
今の段階では「美」の話がピンとこない、または追いつかないとおっしゃられるほどエネルギー切れをされていると思います(3種のエネルギー切れ - はひふへほっ。 笑う門には福来たる を参照)

自分が該当するなと感じた方は、無理をしないで、純粋に今の自分の心を感じる、これが「美」への第一歩くらいに考えておられて十分です。
無理してやろうとしても、ダイエットと同じで一時頑張れても、リバウンドをしてより疲れてしまいますからね。

 

祖母は
”装う”ことを通しての「美」を実践することで「自愛」し「慈愛」し、命を輝かせる人生を送ったのだと思います。

何を通して命を輝かせる「美」を実践していくかは、人それぞれ。
私にとっても
あなたにとっても
命を輝かせる人生が一人一人に準備されています。

あなたもすでに代表選手! - はひふへほっ。 笑う門には福来たる こちらも参照)


大きな成果を残さずともいいのです。(専業主婦業も神様からすれば大切なお仕事なのです^^)
人に褒められなくてもいいのです。
お金に直につながらないでもいいのです。(直でなくても、「自愛」「慈愛」の心からだと豊かさは回ってきます)
時には人に理解されなくてもいいのです。
それでも、自分の”快”の方向好きだと感じる方向を選択して、
自分らしく進んでみてください。その方向であれば、命を輝かせる方向として間違いありません!

 

今あるその状況の中で、”負”の波動を発生する考え方になる自分を少しずつ改善して”快”を知っていく「自愛」過程を経ていけば、好きや”快”の感覚がよみがえり、
今は何もみつからないと嘆いている方であったとしても、
今は人が輝いているのを憧れている方であったとしても、
自然と今ある場所での自分を感じられるようになってきます。
だから焦らないで大丈夫です!神様は時には待ち時間も計算で入っていることがよくありますので。

 

さて最後に、冒頭で記したようにスピリチュアル的女性疾患の意味に大雑把に触れてみたいと思います。
私が鑑定をしている中で、女性疾患のご相談の方は、独身の方、シングルマザーの方に実は多いのです。

 

神様からの合図の意味は・・・・・


「自愛しましょう!」というのは勿論、大前提なのですが、
「女性として生まれたことを忘れないで! 
 ”育む”という心を忘れないで!」
というメッセージが込められています。


どうしても外でのお仕事が多くなる方には、
まだまだ男性社会の中で懸命になっておられる方が多く、認められようとする気持ちが強くなったり、頑張り屋さん根性がシミついている方には
自然と男性と張り合う形になったり、肩肘はった形になりがちなんです。
だから、心がどんどんと開拓的攻撃心が強くなってしまいがちになり”育む”から離れてしまう。

また、自分で事業をなさっている方であっても、
エステや化粧品販売など女性的なテーマでお仕事はされているのですが、
どうしても自分で仕事を進めていく上で、開拓心が前に出てしまい男性的になり”育む”から離れてしまう。


こんな風に外でお仕事をすることとなると、身構えてしまうことが多くなるんですね。
すると、開拓心が強い→戦闘モードになりやすい
と、完全な”負”の波動の考え方なんですね。愛と調和という宇宙の波動に逆らった考え方。
だから神様からそれではあなたの幸せから遠くなる考え方ですよというお知らせが来るのです。


男性ばりにどんどんと前に出ておられる女性も当然あります。
でも、神様からの合図が来ない場合もあります。
それは守護霊さんが男性であることも多かったり、それが今その人にとって必要である過程だから経験をさせている、そういう理由が多いようです。

 

 


あなたは生まれながらにして「美しい」。

 

 


「自愛」をして
「慈愛」をくれた
凛と強く潔く輝いた祖母に感恩。合掌              寧楽感恩

 

現実逃避≠宇宙の法則 ★ 陥りやすい逆引き寄せ脱出法

苦しい状況になって初めて
努力してもどうしよもなくなって初めて
自分ではどうにもできないとお手上げ状態になって初めて
八方塞がり、天を仰ぐ!

そんな時、
自力でなく
何か視えない力を感じるように思いだし、
そして視えない力を知りたいと思う、
現に私もそういう方とお話をしたり、
このブログもヒントの一つになればとスローペースながら続けています。
(スローペース過ぎだとつっこみが入っているかもしれませんが)


私が活動を続けていく中で
定期的にお話をして宇宙の法則を聞いているのに実践になると違っしまう方や、
自分なりに引き寄せの法則をしているけれどもうまくいかない方に
共通している点があることに最近特に気づいたことがあるので、
ちょっと書きたいと思います。

 

今悩みがあったり、つらい状況なのでブログを読んでくださっているのだと思うのですが、その問題や悩みについてどのような心を持っておられますか?


乗り越えないと!
ぶつかってみよう!
耐え抜けば!
くいしばって!
(私さえ)我慢すれば!


引き寄せだ、潜在意思意識だ、宇宙の法則だ、量子学だと言いつつも
今書いたような思いが心に湧いてはいませんか?もしそうならば・・・・

 

 

この心の奥底にある心は何でしょう?

 


乗り越える とは、問題視をする考え、
ぶつかってみる とは、すごく大変なことに臨むような問題視する考え、
耐えぬけば とは、辛い状況だと認識している考え
くいしばって とは、自分で厳しい状況視している考え、
(私さえ)我慢すれば とは、自分らしさを押し殺せば問題が大きくならないという考え、
それぞれに、 「心で大きく問題化してしまっている考え癖がある」とともに、
さらに、もう一つ大きな落とし穴的考えが湧くことがあります。

 


それは、
「この辛い今を抜け出したい!」

この思いが起点になっているということです。

 

 

そもそも宇宙の法則とは、
今の辛い状況を抜け出す法則ではありません!
(宇宙の法則に従っていれば、結果的に状況が変わるので、抜け出す形になることはあっても)

 


今を抜け出す≠宇宙の法則  なのです^^

 


では、この宇宙の法則とは何ぞや?
というそもそも論のところに目を向ける必要があるのです。

 

 

宇宙の法則(宇宙のシステムを含めて)は、
あなたがこの世を一人生きていくのは、心もとなく大変なので、
あなたの魂の親があなたを守りガイドとして「ナビ」役をしてくれているため、「ナビ」をより使って幸せになるようにと方法をまとめたものが宇宙の法則です。


宇宙の法則とは、
「自分を自愛し(自分を幸せにするも含む)、自分の命を輝かせる」「他を慈愛し、他を幸せにするため」にあり、

今の苦痛から抜け出すためでなく、
自愛・慈愛を通して、個々が幸せを感じて、自分を幸せの方向に進ませ、与えられたものに幸せを感じ、幸せの中を生きるための法則なのです。

 

自分にとっての自愛・慈愛(この二つをひっくるめて私のよく使う”快”の波動を発生する考え方)の方向に進めていくと、
自然と、苦しい逃げたいと思っていた状態から結果的に抜け出せるのです^^

 

まとめると、
「抜け出したい!」の心で宇宙の法則をするよりも、
「自分(他)を幸せにする!」という”愛”と”調和”の心で宇宙の法則を実践する方が、
早く流れが変わってきます。


「抜け出したい」と「自分(他)を幸せにする!」とでは、
心のベクトルが全然違うこと、わかりますよね。
このベクトルを合わせないと、やってもやってもなかなか何も変わらないということが訪れてしまいます。

 

なぜ
「抜け出したい!」がお勧めできないかというと・・・・

 

「抜け出したい!」という思いがあると、
思ったことは現実になるという宇宙の法則でいくと、
「抜け出したい!」という未来を創り続けている、そう願っていることになるのです。
心の力で宇宙の法則を始動させ、
しんどい・つらい状況を自分で創り続けているので、いつまでたっても苦しくなるのです。
嫌だ!嫌だ!の連鎖がいつまっでたっても終わらない状況を自ら生み出してしまいます。

 

だから
”「自分(他)を幸せにする!」という心にベクトルを変えましょう!”の方をお勧めするのです。
今を抜け出すに心を集中させるのではなく、
その先にあるものを意識しながら、今を自愛や慈愛しながら”快”の波動を発生する考え方でいる、
この方が流れや変化が早く訪れるようになるのです。

 

ポイントはここで、
「その先にあるものを意識」するだけ。

自分は未来幸せになっていると漠然と意識するだけでOK.
細かいことをあれこれ願って、叶った自分を意識すると却って執着してしまうのが人間なので、
自分の予想をはるかこえた粋な神様のはからいがあると信じて、
未来も幸せ自分はなってればいいわ~程度に、
抜け出したいという「苦」に引きずれた未来設定をしないでいいですよということです。
自愛するなら「幸・楽」の未来設定にしていればいいのです^^

 

具体的な例を見ていきますと、


●ダイエット編
「抜け出したい!」的ベクトル・・・・痩せたい!
痩せたい!つまり、痩せていない自分を思っている、ダイエットしてもリバウンド・うまくいかないと思っている、
この思っていることが宇宙の法則により現実化してしまうので、
結果、なかなか痩せることは難しくなります。

「自分を幸せにする!」的ベクトル・・・自分らしくありたい!魅力的になりたい!
人は骨格や遺伝により体質も違い、痩せているから綺麗という一方的な考え方に縛られなくていいのです。
だから、あなたがあなたらしく、また魅力的に見えることの方が、あなたの幸せ度が高くなるのではないでしょうか?
痩せているからいいのではないんです^^ 
だから、痩せることを目標しないで、あなたにとっての幸せな体型があなたにとって一番なのです。
こう考えると、健康であること、魅力的であることがあなたの幸せだと思った方、
そう思えたら自然と宇宙の法則で、あなたらしい、あなたの「美」に向かっていますよ^^


●好かれたい・愛されたい編
「抜け出したい!」的ベクトル・・・愛されたい!
愛されてたい!、心の奥では愛されていないという思いが渦を巻いているのですから、
この思いが宇宙の法則により現実化してしまうので、
結果、愛されない・振られる形になることが多くなってしまいます。

「自分を幸せにする!」的ベクトル・・・自愛して、愛せる人がいるって幸せ!さらに相手と”愛”のある関係を築けばもっと幸せ!
相手に愛されることが自分のすべての幸せだと、愛されること=幸せという一方的な考え方に縛られなくていいのです。
あなたの魅力がわからない人ならば、いつかは切れてしまうものだと思うくらいに、自分を第一に大切に考えて欲しいのです。
このように自分を愛していると、宇宙の法則で、引き寄せの法則で、あなたが愛しているので、あなたを愛する人が存在してきます。
だから、その人しかいない!とこだわると、ますます「苦」の未来設定でのスタートになりますので、
自分を愛して自分が幸せなら、それに同調するようにあなたを愛する人が現れる^^そう宇宙の法則はなっています。


●お金持ちになりたい編
「抜け出したい!」的ベクトル・・・お金が足りない現状を何とかしたい!
お金持ちになりたい理由が、抜け出したいであれば、いつまでも抜け出せないのです、思ったことは現実になるので。
お金が足りれば幸せ≠あなたの幸せ
お金が足りないこととあなたの幸せをあまりにも結ぶつけると、結果お金に支配される人間になるので、
いつまでも経済的に苦しくなるでしょうし、自分を幸せにすることも難しくなります。

「自分を幸せにする!」的ベクトル・・・なんだかんだ言って、お金は回せている!未来もしたいことができるお金は回ってくる!
”本当に愛と調和に基づいたことならば、やりたいことはさせてもらえる”という宇宙の法則的視点に持っていき、
今までも回ってきたし、未来もなるようにお金は回ってくるさ~と心にささやく^^
「ないない」とと思って言っていると、せっかくの準備されているサポートを拒否することにほかなりません。
自分で自分の邪魔していては、どうにもこうにもなりませんよね。
あなたの幸せを誰よりも魂の親である神様は願っておられるのですから、
直接的に手渡しはしてくれませんが、
あなたが愛と調和のしたいことの活動ができるようにと物質的・人的・金銭的なサポートは入ってくるよう必ず「ナビ」の役目をしてくれます。


「抜け出したい!」「逃げ出したい!」を心に秘めている人と、
「幸せになろう!」と心に秘めている人では、
直感の受け取り方も全然違ってきますから、自分の心の奥をしっかり覗いてみてください。

 

更に体的なことでいいますと、
この「抜け出したい!」「逃げ出したい!」を繰り返していると、
神様からのお知らせとして”自愛を忘れてますよ!その逃げ出したいという考え癖から抜け出しなさい!”という意味で、
足が痛くなる方も時々あります。
体が不調でつらい・忙しくて大変・疲れがたまってどうしようもない時には、
痛みや苦しさから離れたいことで頭がいっぱいになりやすいので、
こういう時にこそ、神様から「自愛を忘れず、逃げ出したい考え癖から抜けてみよう!」と視点を変えてみてください。
(足首や足の痛みは、いろんな意味があるので、これだけで痛みが取れない場合もありますのでご了承を)

 

 

「自分を幸せにする!」的ベクトル の考え方を上に例として書いてみましたが、自分に合う考え方を生み出してくださっていいですからね!ポイントは、自愛だったり逃げ出さないだったり、”快”を感じられる考え方だったりと、抑えるところを抑えてみてください。

 

 

苦しいばかりに心を占領されてしまうと、人間誰しもその先の「幸・楽」の未来設定が用意されているのを忘れてしまうもの。
そういう時こそ、「こうなれば幸せ」と目標達成や細かい願いを考えるのは横に置いておいて追いかけすぎないで、
本来の自分の幸せを考える時間になったと、まず自分のベクトルをしっかりと自分への愛や幸せに合わせてみてください^^

                                                                              寧楽感恩


追伸;本日誕生日を迎え、メールでお祝いの言葉をいろいろと頂戴し、本当にありがとうございます^^
「なんで誕生日なんかあるんだ!」と自分の命に疑問や反発をしていた時期も私にもありました。
いつか、みなさんも自分の命を愛して、幸せになっていいのだと自分を抱きしめていただける時が来るよう、心より願っています!                           

 

謹賀新年 ★あなたの足元から

明けまして おめでとうございます!

 

元旦の1日にアップしようと思っていたのですが、
大晦日より発熱、まだ熱の中・・・まずは無理するなとストップからの酉年です。
12月中旬からは両手首・片足捻挫、手を使う書道やPC作業に手も足も出ない!状態でした。「神様、粋だね~年の早々から寝かすとは(苦笑)」と・・・・

新年早々の話題としては暗いかも知れませんが、
快調しか100点としない私から、年の半分は不調でも普通さ~”自愛”的考え方をするようになってから、
昔なら早く治らないといけないとか、しんどいと仕事にならないから困ると、健康に対する自分の縛りを緩めて、気楽に考えられるようになりました^^


さてさて、
新年一度目のブログということで、
漠然とした方向さえもわからない方や、
いろいろ宇宙の法則を試しているけれども変化の少ない方には、
始めの一歩の踏み出す方向の確認をまずしていただければと思い記します。

 


私がご相談を受けている時に
その方の魂の親である神様から最初に伝わってくる事、
それは、”順序”です。 

神様のタイミングは絶妙だと言われることを逆手に考えると、順序があるからタイミングがあるのです。だから、それに合うような順序を神様は準備されているのです。

 

大きな順序がまずあってその大きな順序の中で更に求められる”気づきの優先順位”。


この大きな順序をうまく掴んでいないと
いろいろと細かく”負”→”快”の波動を発生する考え方に変えようと積み重ねても
やる割には変化が少なかったり、目に見える変化が乏しかったりと、
自分の労に応じた現実的反応がわかりにくい状況になります。


さあ、1年の始まりですから
この「大きな順序」を自分なりに把握して、
今年の一歩を進んでいただきたいと思います。

 


この大きな順序とは、

ステップ1  自愛を身に着ける
ステップ2  自愛→慈愛にひろげる
ステップ3  自愛+慈愛を身に着け、他のものと調和をはかる


この3ステップです。
もっと大雑把に言いますと、
自愛 → 慈愛へと 
自から他へ、愛と調和を広げていくという
私たちが生まれた理由でもあり、生まれた課題とも言える
 ”己を愛し、
  他を愛す。
  己と調和し、
  他と和す。"
まさに、宇宙の拡大していく波動に近づくための基本的考え方に他なりません。この課題をやっていくために、人間関係・お金を含める経済的なこと・仕事・家族などの要素に囲まれているに他なりません。

 

自愛がわかって、初めて慈愛がわかる。
自愛ができて、 初めて慈愛ができる。

 


ご相談を受けていると、
慈愛は一生けん命やってこられているのですが、
自愛が後回しになってしまっている、意識されてもいない、そんな方が多いのです。


宇宙の法則や引き寄せの法則、潜在意識やスピリチュアルと何かしら
視えないものの力があると色々とトライされていても
慈愛から取り組んでいるので、なかなか進まないんです!!
体調や痛みが体に出ることも、自愛のために考え方を変えましょう というあなたの神様からのメッセージであることがほとんどです。
(私もそうでした! それこそ、自愛も慈愛もごっちゃになっていた酷い状態から神様がコツコツ苦しい状況を与えながら教えてくれました)

 


自愛が先!

 

常識的、人道的・良心的、美徳など
日本人ならではの考え方を培いながら日本の社会で生きてきた真面目な方ほど、
陥りやすいこの「じあい」の順序。
自分のことしか考えないでやってきた人とは真逆に生きてきた、そんなあなたの事です。
家族ためにと、周りの顔色をみながら、自分を抑えていきてきた、そんなあなたの事です。

「自分のことばかりでいいのですか?」と質問されることもあるのですが、意識をまず自分において、いつもように生活されて、それでやっとよい塩梅くらいです。それくらい自己犠牲・他人優先の概念のラインを変更してちょうどになります。

 


まず自分なんです!


まず自分でいいんですよ!

 

もう自分が先でいいんです!

 

 

自愛を優先的にやっていくと、今までよりも心を抑えることがなくなり不満・不平もすくなり感謝も増えることもあり、”快”の波動を発生する心の状態が続く生活ができてくると、
それこそ目に見える変化が起きてくるようになります。(変化をしっかりキャッチすることも大切ですよ~)
出会う人が変わったり、相手の人が変わったり、何か新しい情報が入ってきたり、新しい事や出会いが起きてくることも、
何かしら今までとは違う”自分の流れ”が出てきます。
「昔の私だったら考えられなかったです~!」とご自身で実感されている方々のお声も沢山聴きます。

 

この”自分の流れ”を少しでも感じられるようになれば、

自愛→ 慈愛に広げようと意図的に意識的に他にも向けるように していってください。(ステップ2のところ)
慈愛へと意識が移ってやってみると、
自愛がまだ確立していなければ、他人軸になったり、人のことにまた気を取られて自分の生活に起こる要素に集中できなかったりと
あなたが自愛の身に着き加減がわかる状況 が出て来ます。
そうなると、自愛の弱い部分を改善していけば、それでまた一歩自愛が進む^^


このように、一歩一歩自愛を繰り返していくと、
自愛も慈愛も出来るという ステップ3自然と出来るようになっています!

 

同じトラブルが起こったとしても
ステップ1の方と
ステップ3の方とではアドバイスが変わってきます。

なぜなら、
ステップ1の方は ”自愛”のために気づく必要があり、自分の愛す方法を知るために神様が作ったトラブルだからです。
ステップ3の方は、”慈愛”のために気づく必要があり、その対処の考え方を知る必要があるから神様が作ったトラブルだからです。


本の通りに実践してもなかなか変化が見えなかった方、
ここに大きな原因があったのです!
(覚えのある方は、ぶんぶんと首を縦に振ってくださっていると思います^^)

 

それぞれ神様が違いますし、それぞれの方の置かれた状況に合わせた学びの段階は千差万別。
みんながそうだからと言って、同じようにやればできるとは限らないのです。

 

あなたは自身が、自分の心や考え方の状態が今どの地点にいるのかを
自分になりに把握しておくこと。始めの一歩を踏み出す前の確認です!


自愛という意識や自覚が全くない方、
自愛をしているけれども”つもり”で自愛のずれた方、
そういう方には、「自分の状態をまず理解する」、
そこがまずスタートです。
自分がどの地点にいるのかわからないまま出発はできませんからね^^
より迷うことになります。


このブログを読んでくださりながら、
「私、まず自愛だわ。自愛の”快”を集めよう!」
「自愛をやってきたつもりだけど、もう一度見直してもいいかも!」
「自愛はかなり自分なりにできてきたので、慈愛を意識してみよう!」


みなさんが一人一人、それぞれの今の足元を確認して、
今年、それぞれのペースで羽ばたかれることを祈っています★

 

ブログではいろいろと神様から教えていただいたことを書いていますが、私としてはまだまだ。一生学びの途中を言い続けるのだと思います。こんな私ですが、

本年も宜しくお願いいたします!              寧楽感恩

 

f:id:neiraku123:20170101121434j:plain


今年のお年賀は、飛ぶ青い鳥を意識して、
天上天下唯我独尊」自愛の言葉のパーリー語をサンスクリットの音表記した梵字
真ん中には酉年の守り本尊である「不動明王」様を青で書きました。
不動王明様は、邪気をはらったりと魔除けともして使われています。
漢字ももとは占いの文字、文字というのは神様に見せるために作られたものですから、
ここは宗教感は横に置いて、文字の意味を優先して梵字で書いています。

幸せの青い鳥が飛んでいきましたよ、あなたのもとへ!

 

時間編~自愛からの慈愛

今年も残すところ2週間と少しとなりました。
師走と言われるように、師も走ってはおれるでしょうが、
バタバタと過ごされている方も多いのではないでしょうか?

忙しいが口癖となっている方々に
忙しさの中で限りある自分の時間を丁寧に生きるのを忘れてしまいがちな方に
時間をテーマに書いてみたいと思います。


私は、書道でもご相談でもご依頼を受ける時には主にメールでやり取りをしています。
そのメールからでも心の状態の波動は伝わってくるのは、もちろんのことですが、
最近それよりももっと感じ入ってくることがあります。神様はこの点について伝えて欲しいということのようなのです。
さて、それは何でしょう? お気づきの方には、すでに”自愛””慈愛”の視点が育っているのだと思います。


私の場合だと、メールのやりとりをする際には
合理的だけを求めるだけでなく、最適なもの内容にする
何度も相手に返事を求めるような書き方はしない
・言葉は短い方がいいが、伝わらないようでは意味がない
というようなことを心掛けています。


また、例えば、具体的なところから
・すでに予約日を決定するやり取りをした後、希望の日を間違いで変更要望(メールにも切羽つまった気持ちを伝えておられました)
・深夜に送ったメールを「こんばんは」~から始まる同じ文面で翌朝にも再信(同文を朝に「こんばんは」で送るほど焦っておられたのでしょう)
・希望日時の候補・電話かスカイプかなど、一つの項目が決まったらその後に次の項目の変更・確認(気になるところを先に連絡してこられるのでしょう)

 

()の部分は、私が感じた心ですので、実際、ご本人はどうだったのか聞いてはいません。私も含め誰でもケアレスミスはあります。メールの返事が、深夜やすぐにはできないこともあるでしょう。
焦っていれば、送ったのか送ってなかったのか頭で混同してしまうこともあるでしょう。一つが終われば、「まだ残っていた!」と一つ一つしか確認できない方もあるのはあるでしょう。

 

それぞれの人にとって
その時の事情やその事情よっての心の状態がありますから
そういうこともあるなと受け止めて、お返事をするようにしています。
(仕事だからというわけでなく、仕事でもプライベートでも同じです)

 


そろそろ、ピンと来られた方もあると思います。

 


時間に対して意識が薄いのではないですか?
(この世で生きるあなたの時間は)有限なのに・・・・・


時間を大切に使っている感覚はありますか?
有限なのに・・・


自分の時間を丁寧に生きていますか?
有限なのに・・・


相手の時間を尊重していますか?
有限なのに・・・


1日24時間と平等に1日の時間を与えられていますが、
寿命はバラバラで、この世での時間制限を持って生まれている私たち。
その時間を後回しにしすぎていませんか ということです。

 

つまり、
"有限な時間という命を”自愛”していますか?"
"有限な時間という自分以外の命を”慈愛”していますか?"

 


忙しい・焦る・慌ただしい・~~までに・やらなきゃ などなど
このような心でやっていると、
この心の通り、宇宙の法則通りに思ったことは現実になりますから、
また忙しいや焦る、慌ただしいや期限に縛られる などなど
自分にとって心が”快”の波動なるような平穏・穏やか・平常心・冷静とは反対の
”負”の波動を発生する心・考え方にさいなまれる状態がやってきます。
すると、どんどんと悪循環が心だけでなく、そう思っている時間分だけ繰り替えされてしまうようになります。

 

焦って余計失敗して時間がより掛かってしまったり、
忙しいと毎日がいつまでたっても忙しいままだったり、
みなさんも経験があると思います。
かつて月刊誌の編集長をしていた私は、それこそ365日休みなく、反”自愛”の塊で体も壊すし、いつも心は慌ただしく生きている心地がしませんでした。

 

このような状態から脱出するためには
時間に対する自愛もお奨めします。

 


自分の時間を大切にするという”自愛”を始めるには、
①焦り・忙しいなど時間に掻き立てられたいる自分に気づき、鎮める・・・”快”の状態になる
②どちらでもいいこと・後回しにすることを潔く決める
③やりたいこと・優先してすることに快く取り組む

 

このようにやっていくと
自分が自分の時間を生きている、大切できているな~という感覚がしっかりと芽生えてきます。
「どうしてあんなことに時間を掛けていたのだろう?」と死に時間を作っていた自分が理解できてきます。
(目に見えるくらい状況や周囲の人が変わってくるまでには、少し時間を見ていただくといいと思います、焦りは禁物)

 

時間に追われている
時間に合わせている
時間に扱われている
このように時間版他人軸でなく

時間を生きている
時間を使っている
というように、主体的に時間を使っている自分軸となり
「心も満たされる」ことにも繋がります。

 

時間のためにあなたが存在するのではなく

あなたの輝く命のために時間が存在するのです!!!

 

【いつも忙しい忙しいと思って言っている方へ】
”思ったことは現実になる”という宇宙の法則で、
忙しい未来を自分で作っていくことになります。
有限な時間ですから、自分の心に「やること事項」の優先順位を聞き、
その心に従えるようになる習慣、どちらでもいいことはやらない習慣など、自分のために変える勇気も欲しいと思います。
抱えてしまう自分を、幸せに生きるために抱え過ぎない自分に少しずつシフトしていければいいですね。
こういう時間の使い方の見直しも”自愛”活動ですから。

 


【いつも友人の長い話に付き合うのに疲れて・面倒でと困っている方へ】
疲れたり、面倒だと思うくらいに自愛できていない時間を過ごす、
少し強く言うと「死に時間」を自分で増やして、時間への自愛がないのですから、
”類は友を呼ぶ”という、これまた宇宙の法則の一つが作用して
友人も自分の時間を大切にしていないでしょう。
自愛の意識がない友人ならば、あなたの時間を大切に考えたり、尊重したりという時間の”慈愛”には当然意識がないでしょう。
こう理解していると、だらだら話を聞くのではなく、「相談なら聞くよ」などあなたの聞き方を変えることもできるでしょう。
注意してほしいのは、あなたが折角辛いながら話を聞いたとしても、
友人には不平不満を言わせてしまう時間をあなたが作っていることになり、
実際は友人に不平不満を言う未来を創造する手伝いをしていることになります。それでまたあなたが聞き役になる時間が待っている・・・
もし、あなたが自分の時間を大切にしていく中で、
友人が「冷たくなった」など、あなたに不快感を表明したとしても
あなたの大切な時間を”慈愛”してくれない友達なら、いつかは続けることの難しい関係になるでしょう。
それよりも、あなたが時間を”自愛”すると、あなたと同じように”自愛”ができ”慈愛”を考えてくれ、また同じ波動の方が現れますので、自分のために恐れないで”自愛”活動をしてみてください。

 

【イライラすることが多い方に】
イライラしている間には、そのあいだ中、その対象になる人や物ごとを考えてしまいますよね。
そのあいだ中、イライラしたくないと思っている気持ちと裏腹に、どんどん出てくる。
自分をつらい気持に浸からせているという、完全な自分いじめな反”自愛”です。
イライラしてもしなくても、その対象になるものは変わりません、いや、宇宙の法則からするとより嫌な状況を生み出すことにも繋がります。
だからこそ、イライラする時には”自愛”を優先して、
「どうしてわかってくれないの?」「どうしてそうなるの?」と相手に向かう意識は横に置いて、
自分のために「自愛、自愛」と、自分へより意識を戻されることをお勧めします。

 

【秘書やサポート役を置いている社長さんの場合】
それは社長さんの時間への”自愛”。
忙しい仕事の中で、自分がメールや電話を取っていると自分の仕事が中断して進みが遅くなります。
だから、人の力を借りて自分の時間を守っておられます。
宇宙の拡大していく波動(この波動は、生命維持・拡大の可能な豊かさも含む)は、
人間でいう”愛”と”調和”の波動と似ているので、
”愛”にあたる時間の”自愛”をすることは、「物質的・経済的な豊かさ」にも繋がる ということです。
ビジネスでよく言われる「Time is Money」も、単に働けば時間分だけお金になるという現代の社会のシステム視点に惑わされることにはならず、
この自愛的な視点で考えると、理にかなったものになるのです。


【会社に勤めていらっしゃる方に】
時間”自愛”の考え方の一つを紹介しますと、
会社の就労開始時間も会社が決めた他人軸時間だとすると、”負”である反”自愛
自分が決めてその会社の勤務し、その勤務時間にしたと自分軸的時間とすると、”快”である”自愛”
お金のために割り切って働いているとしても、
あなたがどのように思って(今回は時間的な”自愛”)仕事をしているかによって、
あなたの波動に合い相応しい状況や人、ひいては豊かさも、引き寄られる未来がどんどんと変わっていきます。

 

相談を受けたことや私の思いつくところで【】の部分を書いてみました。

それぞれの生活状況の中で、それぞれの時間の”愛し方”があるでしょう。
ただバタバタした1年というのではなく、時間を愛した結果のバタバタ
なんとなく過ぎたた1年というのではなく、時間を愛した結果の特に何も大きいことはなかった、

そういう時間の愛し方でいいと思うのです。

 

時間の”自愛”を意識して、”慈愛”を考えると
相手に時間を取らせて悪いからという罪悪感、
時間を取ってもらうのはと気を遣って相手の顔色をうかがうのは他人軸
こんな”負”の波動を発生する考え方になってしまうという方もあるかも知れません。
そんな時には、罪悪感も他人軸もあなたの過去の経験によってできた心のフィルターによるものだからと自覚をする。
そして、ただ”感謝” でいいのです。 ”感謝”を通り過ぎて、”負”にもっていく必要はないのです。→それが考え癖です 

もらい上手が感謝上手 - はひふへほっ。 笑う門には福来たる

 

 

相手の時間を大切にするという”慈愛”という思いやり忘れないでいきましょう! 
相手の時間を必要以上に削がない という思いやりを❤

 

今日も、私にブログを書く時間を与えてくださり、”自愛”からの感恩! 
今日も、あなたの大切な時間を使ってこのブログを読んでくださって、”慈愛”からの感恩!                                                                                           寧楽感恩

 


追伸;
ブログ冒頭の「それよりももっと感じ入ってくることがあります。それは何でしょう?」の私なりの思いは、
時間への”愛”という自愛と慈愛の意識。自分のことが精一杯で、相手の時間への”慈愛”がおろそかになっているなということです。
私自身、セッションでは、同じ時間を使ってもらうなら、より幸せに・より心が軽くなり・より身に付き・より多くを得てもらえるよう背中を押すお手伝いにと、
メールのお返事では、同じ時間を使って読んでもらうなら、より正確に伝わり・余計なお手数を掛けないようにと、と”慈愛”を胸にやってはいますが、「まだまだだね~」と失笑をされている方もあるかもしれませんね。そんな時間にも感恩!