はひふへほっ。 笑う門には福来たる

~視えない世界にアプローチ、”愛”と”調和”の宇宙の法則で、地に足つけて幸せを❤~

その「つもり」ウェルカムでは叶いにくい!愛もお金も❤

”自愛”を妨げてしまう「被害者意識」について、以前に書いてみました。

自愛をするために、大切な前提❤反”自愛”の正体 - はひふへほっ。 笑う門には福来たる

被害者意識からの反”自愛”の影響!? 人が苦手になったあなたへ★ - はひふへほっ。 笑う門には福来たる


ブログを読んでくださって自覚あり!の方もあったと思います。
被害者意識になっていたことさえ自覚がなかった方もセッションを受けていただいた方の中にもありました。
それくらい以外と、自分のことは自分でわかりにくい。
「え?それ被害者意識?」と私も思ったことがありました。


少し長くなりますが、願いと被害者意識、そして”自愛”的対処法を紹介したいと思います。

 


私のブログを読んでくださっている中には、
潜在意識や宇宙の法則、引き寄せの法則、自分なりにいろいろ試されている方も多いんですね。
だから、ある程度ちゃんと「知識」は得ておられる。

 

例えば、「ある」と思えば「ある」の現実が来る。
そんなシンプルなものを試したり、またまた少し複雑なものも、もう知識として持っておられるんです。
でも、なかなか叶いにくいなと思われたり、
わかっていても本当に願っていることになるとうまくいかないという方に
自覚なしに出て来ている考え癖があるのかもしれません。
その考え癖について、今日は書いてみますね。


その考え癖とは、
「それ被害者意識なんです!」からの”つもり”ウェルカム

 


みなさん、願いや決心したこと、希望などあると思います。
そして、当然、自分の望むものなのですから24時間いつでも叶ってくれてOk!
24時間ウェルカム状態で過ごしておられると思うんですね。

 

でも、なかなかこのウェルカム!という叶うのタイミングがやってこない。
人生が停滞している時には、”気づく”とこのタイミングがやってくるとわかっていて”気づき”探しをされる方も多いはずなんです。
でも、なかなか自分で見つからないのがこの「被害者意識」を自覚するための”気づき”かもしれません。

 


実際、どういうことかと具体的に見る方がわかりやすいと思います^^


【豊かさ・お金への願い】
お金ウェルカム「お金大好き!」と24時間受け取りOKと思っていても
⇒やっぱり私はお金がないから好きなこともできないし、辛いし、苦しいし、幸せとは思えない・・・
⇒お金のせい(←ここ自覚なしに、お金を悪者にしています)
⇒お金が加害者
⇒自分が被害者
⇒お金ウェルカム!と言いながら、お金にいじめられているという無自覚な思いが発生
⇒ずっとお金にいじめられる(苦しめられる)現実が・・・・
つまり、お金ウェルカム「お金大好き!」と思っていても、
お金の被害者に自分がなってしまっているので、お金を嫌っているのでお金がウェルカムできません><


【愛への願い】
彼や旦那様、パートナーの愛ウェルカム「大好き!」と24時間ウェルカムと思っていても
⇒やっぱり私が愛しても愛しても、彼の気持ちはコントトロールできないとわかってても、つらいし、とっても疲れる・・・正直しんどい
⇒どうしようもないこの状態のせい(←わかっているけど、そう思ってしまう・・・)
⇒どうしようもないこの状態が加害者、もっというと彼が悪者で加害者
⇒自分が被害者
⇒彼の愛ウェルカムといいながら、彼の心の状態に苦しめられているという無自覚的思いが発生
⇒ずっと彼の心の状態にいじめられる(苦しめられている)という現実が・・・
パートナーとは対等なはずなのに、愛されていない、愛されていてもこの状況なの?と思ってしまうことで、
パートナー軸の考え方になってしまい、いつのまにか苦労している自分が被害者になってしまっているので、
パートナーが加害者。それでは、パートナーを嫌っていることになるので、愛がウェルカムできません><


【転職への願い】
転職先ウェルカム「転職先、熱烈希望!」と24時間ウェルカムと思っていても
⇒やっぱりなかなか私のことを認めてくれる会社がないのは、つらいし、いつまでなのと不安、私って不幸・・・やっぱり私って・・・
⇒認めてくれない会社のせい、時には自分のせいにまで(←落ち込んで、そう思ってしまう・・・)
⇒会社が加害者
⇒自分が被害者
⇒お仕事ウェルカムといいながら、会社にいじめられている思いが発生
⇒お仕事探しにいじめられる(苦しめられる)現実が・・・ 
 もしくは、見つかったとしても自分に合わないさらに被害者意識になる現実が・・・
つまり、転職先を見つけたいのに、なかなか採用にならず転職活動をすればするほど会社を加害者にしてしまうので、被害者の自分は思うところになかなか採用されないようになってしまいます。
採用されても被害者意識になるような職場に雇用されたりと、結局あなたの思う転職先ウェルカムできません><

 


一生懸命にいろいろしたり準備万端で、自分の心はいつでもウェルカム!、
いますぐ来てくれてOKでウェルカム!
ウェルカムを24時間出し続けていると自分で意識できているくらい受け取り準備万端でも、
ウェルカムな願いの後に、”負”の波動を発生する反”自愛”の考え方の被害者意識が出てしまっていて、うまくいかなくなることが多いんです。

こんな風に、自分としてはウェルカム!と意識して願ったり決心をしていても、うまくいかない状態になっている。
そんな心の中に無自覚的に被害者意識が出てしまうのが、”つもり”ウェルカムなんです。
(特に、お金って知らないうちにこの”つもり”ウェルカムになりやすい・・・)

 

”好き好き”と言いながら、実は”嫌がっている”、そんな感じでしょうか。
”嫌い嫌いも好きなうち”ならまだ、願いが叶う可能性も大きくなりますが^^

 

 

では”つもり”ウェルカムには、どう対処すればいいか?

 


つらいスイッチ、”負”のスイッチを押さない!ということが鍵になります。
2番目の⇒のような自分の頭が自分の心を誘導して、”負”の幸せをこばむスイッチを自分で押してしまっているから起こってしまいます。
「ウェルカム!」と思っているならば、このスイッチを押すとまずいんです!
自分の意図しないままに被害者にかわいそうな自分に、自分でしてしまっているという”気づき”がスルーされていまうと、まずいんです!!

 

その原因は、”過ぎる想い”、重すぎるんですね。
食べ過ぎも、働き過ぎも、溺愛も、何でも過ぎると、”快”から”負”の思いが発生してしまう傾向あります。
この過ぎる想いからすぐに頭を切り替えられる人は、自分の方法で構いません。
「”快”(心地よさ)でなくって”負”(つらいや苦しいなど心地悪さ・不快感)になっている!」と感じたら、切り替えてみてください。

 

でも、まだ自分の方法が無い方のために、いろいろな対処的考え方がある中で一つ紹介すると、
”快”の波動になる”自愛”の対処方法のひとつになりますが、
つらい、しんどい、不幸、疲れると自分で自分を追い詰めていることを自覚したら、
愛ならば「こんなに思えるパートナーがいる自分って幸せ❤」加えて、そんな相手にも感謝❤
転職ならば「こんな思える仕事があって自分って幸せ❤」加えて、仕事ができることに感謝❤
お金ならば「こんなに大切に思えるものがある私は幸せ❤」加えて、お金に感謝❤
まず、重すぎる、執着になっている自分を認めて、そんな自分を楽に軽くしてあげるように
「そんなに思える≪その対象に≫私って幸せ・素敵・すごい! 感謝を❤」というそこまで思える自分を褒め讃える方向の”自愛”の考え方にシフト。
≪その対象≫を責めたり加害者にしても、自分の心も苦しいだけですから・・・自分を苦しめるのは反”自愛”。

 

「自分って幸せ・素敵・すごい❤」とそのように思える自分がいて幸せと心で思えると、
自然と≪その対象≫がどういう状態であっても「感謝❤」も無理にしないでも感じることができますが
感謝なんて全然無理だし、そんな自分が幸せだとまだまだ思えません!というトゲトゲする自分を感じる人は、
今の段階では無理に思おうとしないでいいですからね。

 

そんな方は、そのトゲトゲを無視しないであげてください^^
トゲトゲするほどつらいや苦しいなど心地悪さ・不快感”負”の想いや考え方で自分がピリピリしているのですから
まずそのピリピリしたところからの”自愛”が先です。


私はこっちのタイプだと思われた方にやっていただきたいこと★
辛いスイッチを壊れるくらい押しまくってください!
真剣に押しまくってください。
つまり自分の辛い・苦しいなど”負”の想いや考え方をとことん感じ尽くす。
”負”の想いを30秒でも3分でも、1日でも、1ヶ月でも、とことんまで感じ尽くす。
とっても疲れます、エネルギーも使います、そんな自分が嫌になることもあります。あほらしくなることもあります。
でも、とことんまで感じ尽くす。それも”自愛”なんです。
中途半端に嫌な”負”の想いを残したままにするほうが、自分を我慢させる反”自愛”だから。

だからと言って、感じ尽くすだけですよ~~~
その感情を人に当たり散らすのではありません。
お金のお札に当たり散らす人はいないでしょうが、
≪その対象≫に怒りや不快感をぶつけるのではないですから!←これすごく重要★
あくまで、自分のつらい”負”の想いをもう一人の自分がしっかりと寄り添って聞いてあげる、そういうスタンスです。

 

そして、ある程度思いを感じ尽くせば、そんなつらかった”負”の自分に”快”の愛のある言葉をたっぷりと掛けてあげてください❤これで、マイナスをプラスで帳消しにて一旦フラットな状態にしてやると、記憶にはなっても、傷にはならなくなるので。
この、自分をつらいままほっておかない”自愛”で、トゲトゲの自分をトゲのないフラットな状態にしてから、「自分って幸せ❤」を再度トライしてみてください。

 


無自覚的に苦しくしている自分を楽にしてあげる”自愛”を❤
すると宇宙の愛の波動と”自愛”とが同調して、願い、また願い以上の世界がやってきますから★
やっぱり”自愛”の話になってしまった^^                                                 寧楽感恩

 

 

頑張って自分の価値を高めないでいい”自愛”

どうして”自愛”をするといいのかというと、
自分を愛することは、宇宙が愛の波動が循環しているので、愛の波動に同調して
宇宙の流れに乗りやすく、引いては人生の流れをスムーズにすることになります、
ということで、まず自愛ということを最近はお伝えしています。

 

自分を愛することのひとつに、自分の価値を高めることだという心理学的な方向やいろんな方の考え方が言われています。
きっと、そのようにとらえて、努力をしておられる方やトライしたものの諦めた方も多いはず。
また、努力中と言っておられる方の中には、結局外的要因(成績結果・評価・物質・名誉地位など)を高めることで自分の価値を高めようとして、
却って実は益々結果的に自分の存在を自分で過小する方向に行っている方もあるかもしれません。今日はそんな方に書いてみたいと思います。


この「自分の価値を高める」ということ自体、私の神様の答えはどうも違っていました。
私がいくら「自分の価値を高める考え方は?」とヒントを探しても、答えくださいと言っても答えがなかったはずです。

 


A.自分の価値を高める考え方は?


Q.そもそも「自分の価値を高める」という考え方自体が、(神様的には)”存在しない”。

 

自分の価値を高めるといことを考えてみると、
「高める」というのは増やしていく・上げていくという
自分に何かしらの付加価値を付けくわえる考え方になりますよね。
今の自分よりも、向上するようなイメージになります。


そして、この付加価値というのは、
自分で自分の内面を認めることで価値を高める考え方を言う方もありますが、
実は「内面を認める=自分の価値を高める」ではないので、
いくら”自分を認めれば認めるほど、自分の価値が高まるんだ!”と頭で繰り返してやってみても頓挫します。
(私も頓挫しました>< やればやるほど、”私”が違うって受け付けなくなり・・・・)

 

私たちが一般的に認識している”付加価値”というのは、この世で生きている中で人間が生み出した生産性のある考えを基準にしたもの。
成績や結果、経済的なもの、名誉や地位、所有しているもの、人脈と呼ばれるような人間関係などなど
自分で努力をしたり頑張って、時には我慢して、作ってきたり築いてきたもの、築けるもの。
何かを増やす・上げるといった、人為的に作り出すのになってしまいます
言い方を変えれば、「今の自分が不足という”ない”という考えを持っているので、埋めようとする」ことで、価値を付ける。
自分が不足している”ない”という思いの前提から始まっているので、
増やす・上げる、高めるどころか、宇宙の法則的に”ない”という思いが実現してしまい、苦しい状況や心をうむことに繋がります。

だから、
そもそも「自分の価値を高める」ということ自体、
より自分を生きにくくする考え方なので、
そのように考える必要はありませんよ~ということなんですね。

 

 

 

A.「自分の価値を高める」という考え方自体が、”ない”なら、
  自分の価値ってどう考えたらいいですか?


Q.”有”か”無”。

 

メガネが見つから”ない”と探している母に・・・・

「メガネ、”有るよ”頭に乗せているじゃない!」と、よく母に言う言葉が思い出されます。有るのに気付かず、疲れるほどに探す。自分の価値も同じようなものですね。

 

 そもそも無限の(存在)価値を持って生まれてきているのに、”高めるって何を言っとるのじゃ!”というのが神様の言葉。
無限の価値を持って生まれていることを魂で思い出せとは言わないけれど、
無限の価値を持って生まれた自分に(余計な思考癖・思い込みを取り払った状態の自分に)”戻っておくれ!”と。

 

少し噛み砕くと、この世の考え方に引き込まれて、
付加価値を付けることが自分の価値を高めることに繋がると思い込んでしまった今の自分より前の自分に”戻っておくれ!”ということ。

 

だから、

そこには”有”か”無”しかありません。
この世に命をもらった時点ですでに”有”なんです!


もう一声付け加えると、自分の価値は無限に”有”なんですね。

この価値というのは、何かができる可能性だとか、何かを残せる可能性という価値ではないですよ。それも外的要因ですから。
あくまでも、あなたの命の”価値”です。だから”無限”です。

 


誰が何と言おうと、自分のことが大嫌いであっても、卑下しかできなくても、被害者意識が抜けなくても、
あなたの価値は無条件に”有”ということです。そして”無限”!!

”自分の価値は、有るんですよ!!” ”無い”と思っておられても”有る”!

あなたもすでに代表選手! - はひふへほっ。 笑う門には福来たる (⇒読んでみてください)

 


でもね、私もそうだったんですが、
頭ごなしにそうは言われてもなかなか自分に染みてこない・・・・
今まで”価値が無い””価値を高めないと”と生きてきた方ほど、
なかなか染み入ってこないと思います。

 

そういう時には、
「あなたの愛おしい存在(愛の塊のお子さんや可愛くてたまらないペットでも家族でも、大好きな彼でも)は、何かできないと価値がないんですか?」
とあなたに尋ねてもらいたいんです。言い方を変えれば、「何かできないとあなたは愛おしい価値”有る”存在とは認めないんですか?」ということ。条件付きってことになる・・・

 

いい子でじゃないと価値がないんですか?
お金を沢山稼がないと価値がないですか?
言うことを聞いてくれないと価値がないんですか?

 


そうではないですよね?

 


「居てくれているだけで、ありがたい❤ 愛おしい❤❤」
もう、存在してくれているだけで無条件に存在”価値”が発生している。
存在”価値”ということもなんだか言葉として軽く、”価値”以上の言葉になるかなと思います。


自分に置き換えてみてください^^
自分も自分の愛おしい存在なんです❤

人には無条件に”価値”が有って、自分には無いって可笑しですよね!自分に厳しすぎますよね!

 

 

自分ではいろんな常識・世間体・経験・記憶がありすぎて
自分には厳しく、ダメ出しをしてしまって、
そんな風に思えなくなってしまっただけなんですね。


だから”戻っておくれ!”なんです^^

例えば、
会社で認められない⇒外的要因(ここでは能力)を指摘されても、だからと言ってあなたの価値がないと思う必要はありません
何をやってもうまくいかない⇒“自愛”もしくは”慈愛”の”快”の波動でやっていなかったからうまくいかなかっただけ
自分が好きになれない⇒だからと言ってあなたの価値が”ない”こととは無関係 など


でもでも”戻れない!”、
なかなか”自分に価値があるとは思えない”という人は、
今まで生きてきた中で培われてきた思い込みが頭に占領している状態なので、
何度も「自分は生まれながらに価値があるんだよ❤」と自分に伝えてあげていってください。愛情を掛けて、繰り返し繰り返し~~~~~(恋人になら何度も言えるように♪)
(価値がないと思った大きなキッカケが思いせる場合には、クリーニングも必要かもしれません)


でも、
「私なんて・・・・」
「どうせ・・・・」  と思ってしまう方もあると思います。
そんな方への神様のアドバイスは、
”「どうせ・・・」「なんか・・・」と思っていても、あなたの価値は無限に”有る”んですよ~~~!”という、「どうせ」「なんか」のあなたを否定しないで、
今のあなたをそのまま大きな”愛”の風呂敷で包んであげましょう!という優しい言葉。

 


自分の価値は”高めない”でいいんです^^(高めようとするから、苦しくなる)
もともと”有”のですから、”有”と認識してあげるだけ!
付加価値の足し算をするから、宇宙のシステムからずれていくのです。
そもそも付加価値の足し算でなく、幸せに”愛”を増やしていくというのが宇宙のシステムなのですから。


残念ながらどんなにもがいても
私たちは生まれながらにして”無限の価値”を持っているんです❤

 

自分の価値を高めようと努力をするのをやめて、”有”に思い込みを修正していけば、素敵なことが起こります★
人から大切にされる・認められるというコツです。
宇宙の法則的に考えると、
「あなたがあなたの価値を”有”と認める」と
あなたの周りの人も
「あなたの価値を認めるようになる」になりますから、

結果、頑張って付加価値(会社でも恋人でも)を付けて認められようとしなくても、
認められる、大切にされるようになるということです★


                               寧楽感恩

被害者意識からの反”自愛”の影響!? 人が苦手になったあなたへ★

前回

自愛をするために、大切な前提❤反”自愛”の正体 - はひふへほっ。 笑う門には福来たる

被害者意識は、
捉え方が「・・・される」「しなければならない」「・・・してくれない・もらえない」と自分で自分をおびえさせたり・いじめる反”自愛”で、

”自愛”をはばむ状態
⇒ ”自愛”ができないので”快”の波動を発生する状態になれない
⇒ ”快”の波動と共鳴する宇宙の波動に乗りにくい 
⇒自分らしい人生の流れになりにくい・願いが叶いにくい
となって思うような人生が送りにくくなりますとお話をしました。


そして、今回は引き続いて被害者意識から発生しやすい苦手意識についてお話していきたいと思います。

 

もしあなたが今、人と関わりたくないと思っているなら
もしあなたが今、一人になりたいと思っているなら
もしあなたが今、自分と接するのが苦手だと思っているなら
もしあなたが今、どうせ私は孤独だからと思っているなら

 

これも”被害者意識”から来ていることがほとんどです!!

 

けれども、その自分を「なんとかしないと!」と無理に自分を頭で動かそうとしても、
人と関わろうとすると、拒否感が出てきたり
一人になってはみるものの、逆に寂しさも覚えたり
人と接するのが苦手だと、苦手意識がどんどん強くなったり
どうせ孤独だからと、すねが出てきたり
心が追いつかないで、余計にがんばった分だけ、
反動が出て「疲れるわ~」「嫌な気分に余計になっわ~」などとしんどい自分がより出てくることになってしまいがち。


そういう頭ごなしに自分に「社会生活でちゃんとやらなければ!」と思いこませようとしている方に、
そんなに無理しないでいいですよ~、構えないでいいですよ~と
少しヒントになればと書いていきます。

 


先ほど↑に書いたような”人が嫌””人が苦手”という気持ちが強い人は、
あなたの神様から「その考え方を手放せるように自愛してあげて❤」とメッセージをもらっていると思ってもらって構いません。そういうお知らせです。


というのは、被害者意識は人に「・・・された」という嫌な気持ちになった経験によってもたらされたもの。また、その積み重ねです。
私たちがこの世の知識や常識、人の裏表など見ていない赤ちゃん時代、
産まれて早々、母親や父親に「・・・・された」といった捉え方は覚えていないはずなんです。
「してもらった」という捉え方もまだ無い時代とも言えますが。
育ってきた環境や出会った人との関係性の中で、
自分の捉え方という自分の色眼鏡によって被害者意識が強くなる人と、そうでない人が出てきます。
(生理的に嫌だなと思うのは、生理的という直感からきているので神様からのメッセージなので、この場合は違いますよ)

 

この被害者意識が強くなると、
出会う人が自分を困らせる人、面倒がらせる人という捉え方の色眼鏡で見るようになるので、
「どんな人も自分にとっては嫌な人」、「そういう人が多くなるとどんな人もみんな嫌~~~!!!」というように
どんどん人嫌いに自分でしてしまいます。
そもそも、産まれた時から「人嫌い」の赤ちゃんはいないですよね^^

 

被害者意識という色眼鏡を使って捉えるから、どうしても自分を嫌な気持ちにさせる人やものを排除してしまいたい気持ちが出てくるんですよね。
そして、どんどん自分から「孤立」の道を進んでいく・・・・・・

 

まとめると
産まれた時は無”被害者意識”
⇒嫌な経験が積み重なり”被害者意識”が大きくなる
⇒”被害者意識”を発生する人や状況やものから自分を守りたい
⇒”被害者意識”を感じない状況になりたい
⇒一人がいい、人間嫌いの自分だと思い込む
⇒孤立を選ぶ
こういう流れで、被害者意識という”自愛”でない考え癖で、反”自愛”に向かって進んでいるということになります。これだけで自分がどうして流れがよくないかわかる方もわかったかたもあると思います^^

 


でもでも、宇宙のシステムはその逆なんです!!!そうなっていないんですね。

 

 

というのは、宇宙の波動は、”愛”のエネルギー。イメージ的には循環をしながら流れてもいる、そんな感じでしょうか。
この私たちが見える世界の万物・森羅万象は、それぞれ共調・共生して調和でもって”愛”のエネルギーという波動の世界で成り立っています。
植物も動物も与えられた寿命を生きる、その間いろいろな必要あるものを与えられたり、与えたりと”愛”のエネルギー循環が起こっています。
人間も宇宙視点からいうと、植物と動物と同じようなものですから、結局同じ”愛”のエネルギー循環をしています。

 

私たち”愛”のエネルギー循環の中にいます!
”愛”のエネルギー循環の世界にすでに生まれていますから、
誰かと、何かと触れてしまうことを、あなた個人の力で避けようとしても、
宇宙の愛の循環、つまりその愛のエネルギー循環の中にいるあなたの神様に抵抗しようとしても、
その小さな人力では到底及ばないのです! 
宇宙は勿論のこと、あなたの神様から見ても「へのつっぱりにもならんでよ」(大和弁?)です。

 

「避けたいのに引きとどめるなんて!」と悪いように思ってしまうかもしれませんが、
”愛”のエネルギー循環の中から逸脱しようとしているあなたを
幸せにしたいという思いで見守ってくれているのがあなたの神様、その神様があなたに意地悪はしません^^
その抵抗自体が、言葉を変えれば≪「”愛”のエネルギー循環をもらわないで幸せになれないでもいいんです!」と我を張っているようなものだとわかってほしい!!≫というその一心で見守ってくれているのです。
いらない抵抗で、そのいらない抵抗のために、どんどん自分が苦しくなる・・・悪循環です。

 


そのいらない抵抗は不要だと気づいてほしくて、神様はどんどんあなたにとって最強の人を目の前に出してくるようになるのです。
だって、気づかないんだから、よりあなたが「困る!」「嫌い!」と思う最強の人に出会うことで”気づく”ように願って。いじめてはいないんです、試練でもないんです❤

 

だから本当は、あなたが思うほどあなたの人間関係、人間関係の運は悪くないんです!
というか、悪くなるはずないんです!本来、愛のエネルギー循環なのですから❤

 


人やいろんな出来事は、”愛”のエネルギー循環の中で出会っているのですから、
自分が”愛”のエネルギー循環として”孤立”でなく共調として”愛”のエネルギー循環の輪に入っていけば、
出会う人も”愛”のエネルギー循環の中で生きている人。
だから、自分が変われば出会う人の質が変わると言われるのも、そういうことです。
だから私が”快”の波動を発生する考え方という”自愛”と”慈愛”が大切とお伝えしています^^

 

被害者意識を持っていると、”自愛”ができにくい。
目に見えるものは人を通して運ばれてきますので、いくらこうなりたいと思っても、
自分が”愛”のエネルギー循環の輪の中にはいらず、心の波動で「孤立」している状態では運ばれなくなっていくんです
それは、運が流れてきませんというのも、うまくないんですというのも、それでは仕方ないと頷くしかない宇宙の法則・宇宙神理です。
時に、「孤立」をやめて欲しいという”気づき”のため、「どうしてこんな人に、目にあうの?」という人や状況はもたらされますが・・・・

 

この心の「孤立」を辞めて欲しいと神様からは、体の不調ということでお知らせしてくれることもあります。
だるくなったり、ひこもり的な症状、更年期かなと思うような症状などなど・・・・

 

宇宙の波動は循環して流れています。
でも一人だけその流れに逆行して「孤立」しては苦しいだけですから!!!

 

この心の「孤立」をやめていくには、無理に”「孤立」はやめないと!”と自分に厳しくならないで
「被害者意識から来ていたんだな~、今まで(私が私に)ごめんね!つらい思いさせて・・・❤」と”自愛”してあげてみてください。

 

せっかく同じこの時代に来てきたのですから、
”愛”のエネルギー循環で共存しながら幸せになっていきましょう❤

 

けれど、忘れてはいけないこと!「孤立」はやめても”自愛”は必ず!
何か・誰かとの関わりは宇宙のシステムから必ず出てくるものなのですが、
自分を癒したり、楽しませたり、ほっとしたりという自分だけの、一人上手の”自愛”する時間は必要ですよ!
”自愛”ができて”慈愛”ができるというのと同じように、
”自愛”する自分ひとりの時間が持ててはじめて、
”慈愛”として心のゆとりを持って”愛と調和”の活動としていろんなことや人に関われるようになるのです。

                                                           

追伸;みなさんに、「これって自愛になりますか?」という質問があれば受け付けたいと思います。
「自愛」と文字で書くと簡単なのですが、実生活で思いつかないとい方が多いのもセッションでよく感じます。
だから、ブログ上でご紹介したり、どうしてそれが“自愛になるか?”を説明できる機会となればいいなとも思ったので、
”自愛”しているつもりだけど、「それって自愛?」と思われる内容についてお知らせください^^
masami123@hotmail.co.jp もしくは 下のコメント欄に残していただければと思います。                         寧楽感恩

 

自愛をするために、大切な前提❤反”自愛”の正体

韓国にいた頃やその後1年ほどは占いサイトでいろいろな方のご相談(やはり恋愛が多かったです)をご縁があってさせていただいていました。
その時から思っていたことなのですが、占いのサイトはただ結果を聞きたいとお越しになる方が多いのですが、
それでは未来は変わらないと宇宙の法則の使い方をお伝えしていました。

 

特にその頃にはチャットでの鑑定が多く、声を聴くわけでもなく、ただウィンドウに出てくる文字だけでチャネリングをしていました。
今から思うと文字を見ても波動がわかるようになったのは、この経験があったからかもしれません。

 

その時から思っていたことがあります。
”この人、なかなか言葉が入らないな”
”あ、この人には宇宙の法則を伝えても時間がかかるな”

それは一言、二言でわかるんです。
まあ、一言二言でそう察知するのも違う可能性もある、思い違いもあるさと思って話をするのですが、
やはり波動の力はすごいもので、やはりそうなっていました。

 

もう10年近くご相談を聞くことをさせていただいていますが、
今も同じように感じます。
今はチャットで一言二言という鑑定はありませんが、事前のメールフォームの”通信欄”にある言葉から伝わってきますし、
セッションの開口一言、二言で伝わってきます。決して、美声だからとか声色でわかっているのではありません(ご安心を^^)

 


や~~~っと、ここ数か月前に、その正体を知りました!!!!
気づいた私が遅いんでしょうね。神様はもっと早くからきっとヒントを出していてくれたはずなのに・・・
「なんでだろう? なんでだろう?」と質問する私に、神様は同じタイプの方をどんどん寄こしてくれました。

 


全く気づいていないわけではかなったのです。
昔からセッション中では、
「キャンディーキャンディー病」と命名までしてお話をし、
「世代がわかりますね~」や「キャンディーキャンディーって何ですか?」などとお客様から言葉をもらっていたのですが、
”自愛”の順番として「前提」があることに気づいていなかったのです。

 

 

「あ!それでしたか!!」と私からすれば、目から鱗でした。

 

 

その答えは
被害者意識

 

”負”の波動を発生する考え方の中に普通に分類される被害者意識です。
特に取りたてて説明することもないほどだと思います。
誰でもわかる意識・思考だと思います。

 

 

が、この被害意識があなたの心を困らせる大きな大きな原因になっています。
この被害者意識は、自分が被害者になることですから反”自愛”。
”自愛”をはばむ状態
⇒ ”自愛”ができないので”快”の波動を発生する状態になれない
⇒ ”快”の波動と共鳴する宇宙の波動に乗りにくい 
⇒自分らしい人生の流れになりにくい・願いが叶いにくい

 

こういう感じになっていくので、
苦しい状態を何とかしたい、宇宙の法則・引き寄せの法則で自分の願いを叶えたり自分らしく生きたいと思っても
なかなか現実が動いていかない状況に陥ってしまいます。
そして、心も疲れて、体も不調になって・・・・ますます悪循環。

 

自分のエネルギーを蓄えようと思って、“自愛”と励んでみても
”自愛”をはばんでいますから、空回りになってしまいます。
やればやるほど「”自愛”しているはずなのに?」と疑心や不安も出てきて、疲れて、起きるのも大変というようなエネルギー枯渇状態になることもあるでしょう。

 

いくら”自愛”をしようとしても、自分に愛が入ってこなければ苦しくなるのも当然。
一生懸命に、愛を注いでも、受け取らなければ、”自愛”になっていかない。

 

この受け取れない状態にしているのが
「被害者意識」
なんです。
(今まで”自愛”がうまくいかなかった方には原因がわかって朗報だと思います^^)

 

 

”愛”を入れる前に
”愛”を入れられる状態になっておく必要があります。


つまり、”自愛”の前提。
大切な大切な前提です。

 

いくら”自愛”をしようとしても
自分でその”愛”を跳ね返していては
いつまでたっても"愛”が自分に届かないんです!!!

 

 

被害者意識は、生まれた時からみなさんが持っているわけではありません。
幼かった頃には、そんな意識が頭に張り付いていたわけではありません。

 

被害者意識というのは
「・・・・された」という、
自分が嫌なことをされた時にはじめて感じる思考ですから
生まれた時から持っているわけでは絶対にないんですね。

 


「されなくない」という意識が強くなるほど
嫌な経験はしたくないろいう意識が強くなるほど
人は帽子をかぶって、ガードする。
このガードが”被害者意識”なんですね。

 

だから、
いつのまにか自己防衛としてガード(”被害者意識”)が発生するという「捉え方」が習慣になっていると思っていただくとわかりやすいと思います。

 

何か出来事が起こると、人は必ずまず自分の視点で自分の「捉え方」をします。
悪い方に悪い方に考える癖のある根本には”被害者意識”としての「捉え方」が大きく影響しています。

 

被害者意識がこびりついているというのは
極端に言えば24時間、自分を被害者にしています。
いつも何か「されている・・・」と捉えている。
それではあまりにも自分が可愛そうです(涙)
これって、反”自愛”ですよね。


”被害者意識”としての「捉え方」でいる限り、
思ったことは現実になるという法則が作動しますから
”被害者意識”が強くなるような”被害者”的をより意識する出来事を創造してしまいます
そういう「捉え方」である限り、考え方を変えようとしても、宇宙の法則をやろうとしても、
反”自愛”が土台として、へばりついていますから苦しい状況が続きます。

あなたの神様は
「反”自愛”をやめて、”自愛”しましょうね^^」というメッセージを送ってくれるので、
反”自愛”をやめようと自分をいたわるまで、あなたにとっては苦しい状況が続きます。


ここで”被害者意識”をやめる方がいい視点を一つ書きますと、
自分が被害者となると、同時に相手を加害者としてしまうことになるのです。
自分が加害者を作りだしてしまう・・・・神様はやめて欲しい!と思うのは当然です。

 

「された」ここから波線して「しなければならない」という思いが強くなると、
どうしても他人軸、他人のための人生的な視点になってしまいます。
すると
「自分はしたくないのに・・・・・」
「自分は悪くないのに・・・・・」
「どうせ私なんて・・・」などなど、
どんどんと”ひねくれ””すね”が入ってしまうようにもなります。(何かと言い訳する人や、前もって「自分はできないんです・要領が悪いんです」などと防波堤を張る人も、ひねくれやすねの延長にあります)


すると、人の優しさも被害者意識的捉え方から”ひねくれ”や”すね”が入り
素直に受け取れなくなるんです。何か裏があるのかな?と疑心したり、こんな私なのにと自己否定して受け取れなかったり・・・・
すると、感謝の気持ちも湧いてこなくなる・・・・
決してこれは”自愛”ではないですよね。
自分を素直に生きられなくして、苦しくしているのは”自愛”ではないですよね。

 


「自分が!」というように主体的に生きて欲しいのです!
すると、自分で選択できるようになってきます!
受け身としての人生でなく、自分の人生を行くという心の輝きも取り戻せます!!!

 


被害者意識が抜けませんという方もあると思います。
自分の思考癖を自分の頭で見つけるのは大変だと思いますが、やっていただきたいのは、
それぞれの方の状態も違うのでここで詳しく書くことは難しいのですが、
大きく二つ、
・こびりついた何が原因がある方にはゼロフラットクリーニング、
・「被害者意識になっているかも!」と自分で自分の意識の見張り番をすること
だと思います。
といっても、24時間考え方の見張り番をすることは余計にストレスになり苦しくなりますから、
1日1つ見つけるでもいいので、少しずつやってみてください。
慣れてくると、芋づる式に、被害者意識が取れる時がやってきますから^^


あなたは大切な一つの命。
輝くために
幸せになるために
あるその命。
自分だけは自分を被害者にしないで、
自分の心に素直に生きていいんですよ。
そのほうが自然と現実もあなたの望む流れに変わってきますから。

 

そんなあなたに合う人が引き寄せられるのですから
怖がらないで自分をガード(”被害者意識”)するのをやめてみてください^^                        寧楽感恩

 

それでも”さみしさ”が出てくるあなたへ

前回のブログアップからは少し時間が過ぎてしまいましたが、
その間に桜の季節を過ぎ、GWも過ぎと変化変化と日々の移り変わりをより多く感じる今日この頃です。


私のGWはというと、いつものように家のこと、書道、セッションと特に休日的なこともありませんでしたが、
GWほんの少し前から、まあ怒涛のようにいろいろと神様からのメッセ―ジやら合図やらで
心は大丈夫なのですが頭の飽和状態となっておりました><


この飽和状態になる前に、前回の「さみしさは埋めない❤「ある」へのシフト」

さみしさは埋めない❤「ある」へのシフトサイン - はひふへほっ。 笑う門には福来たる

の次の内容はこれにしよう!というか
神様的には、これがセットですとおっしゃるので、
前回の”自愛的に見たさみしさ”のセットとして、
今回は”慈愛的に見た さみしさ”書いてみようと思います。


”さみしさ”は
自分の身の周りにある「ある」を知り、
そして自分の中に「ある」を知る”自愛”であるとお話しました。

自分の中に「ある」を知るメソッドとして”自分を満たす”という方法を以前のブログでもご紹介しました。


すると、
一人でいても楽しめる♪
自分は自分でいいと安心できる♪
一人の時間も充実できる♪
気持ちの乗らない会合にはでない方がラク♪
私って意外とひとり上手だったのかも♪ などなど
一人でいることの”快”の波動を発生する思考や心に慣れてこられた方もあると思います。

 

誰かに楽しませてもらおうとか
何か(食べもの・お酒・・衝動買い・衝動○○となるもの)で紛らわせようとかといったように、依存していたから苦しかった、
「あるかのよう」で「ない」を追い続けていたから苦しかったんだろうな~と
過去の自分を振り返ることのできるくらい(この内容で、すでに頷いておられれば、すでにひとり上手者です)になっておられる方でも、実は”さみしさ”が出てくることもあるんです。


最近”自愛”できていたと思っていたのに、
「とっさに”さみしさ”出てきたんだよね~、どうしてだろう?」と考えておられた方に、
それはそれでいいんです! 方向として合っていますよ! 疑わないでいいです!
というお知らせをしたいので、今回の記事なんです。


この”自愛”がある程度できてきたはずなのに・・・の”さみしさ”の原因は
ずばり2つ(今はそう書いておきます)。


まずは、1つ目。
これはよくあるパターンです。
よくあるというのは、所謂「神様のお試し」という
”あなたは本当に課題を身に着けましたか?”というご確認です。


”さみしい”は恋愛・夫婦関係で出てきやすい感情なので、このパターンで見てきます。
例えば、
(楽しく話せた時間を思い出しながら”さみしい”が出て来た場合)
「またあんな時間を過ごしたいとは思ってくれないのかな」で、さみしくなる
「私だけかな、楽しいと思ったのは?」で、さみしくなる
「あれだけ盛り上がったなのに、何で?」で、さみしくなる
「私がさみしいこともわかってないんだろうな」と、もう違う意味でさみしくなる
「私一人で盛り上がってるんだわ」と、さみしさの上にさみしさを乗せる
などなど、いろんな気持ちのパターンを経験された方もたくさんあるのではないでしょうか?

 

”あなた、戻ってますよ!”のチェックなんです。
”自愛”の反対に戻っていますよ確認なんです。

その中でも、みなさん人間関係でやってしまいがちな”他人軸”。
人の気持ちを考える優しい気持ちがあり、真面目な人ほど陥りやすい反”自愛”です。
もっと端的に言うと、人を優先に、でも自分に優しくない反”自愛”です。
自分軸が揺らぐ時がありますよのお知らせの「神様のお試し」。

このように、上の例は他人軸で見ていきました。
他人を軸にしていては他人主体で依存がちになるので、いつまでも自分が「ある」にはなりませんよね、
自分で自分を「ある」にするのが自分を満たすのですから。

自分の心は自分で満たす~これも自愛 - はひふへほっ。 笑う門には福来たる


このように、”さみしい”を埋めないで、自分を「ある」にシフトして自愛するようにという自分主体で生きる、
そんな確認のための”さみしさ”がこの1つ目のパターンです。

 

そして、2つ目。
これが今回特に言いたい”さみしさ”なんです。
あなたが、1つ目の「神様のお試し」の”さみしさ”でないのに、”さみしさ”を感じた時!
クリーニングをしても”さみしさ”を感じた時!
自分を満たしても満たしても”さみしさ”を感じた時!

 


あなたがステップアップしている証拠なんです!!!!


”さみしい”って思っていいの?

 

 


思っていいのです。
というか、「思ってください」と神様からのステップアップのメッセージなのですから^^
思わないとステップアップのタイミングのお知らせを逃してしまうことになります。

 


ずばり、何のお知らせなのでしょうか?

 

 

宇宙のシステムからすると、
すべては繋がっていると言っても難しいと思うので、
私たちの生活に視点を下して言ってみると、

「一人で生きていくことはできない」。


この世に生まれた時にはすでにお母さんと繋がり、
誰かが作ったいろいろなものに囲まれと、
絶対に生まれた瞬間から誰か何かと関わることになっています。
(この関わりもあなたの神様が事前にしっかりと決めてくれているんです^^)

 

あなたがこの世に生まれて、この社会の中で身に着けた思考癖や考え方で自然と”自愛”でなく反”自愛”に傾きつらくなると、
自分から他との繋がりを断ちたくなるようになってきます。だから人間関係が苦しくなる・・・嫌になる・・・
例えば、意地を張ってつよがる、自分だけでやり抜こうとする、和を不要とするなどといった、
「個」に入ろうと入ろうという意識が強くなってしまいます。

 

一旦「個」に入っても反”自愛”でいる限り、
自分を自分を愛していない限り、いくら「個」に入っても「個」で”負”の波動の考え方で悶々とするだけで、滞る。
それでは、人生の流れに乗るんだ!といくら願っても願っても、引き寄せの法則をしたところで、滞る。
自分で自分を滞らせているのですから、一生けん命にあれこれ手段を尽くしても、滞る。挙句の果てエネルギーも切れていく・・・
八方ふさがりになるのもよ~~く理解できます。


”自愛”が出来てくると、「個」に入っていた自分から抜け出してきます。
自分もあって、他もあるんだというように、心が他者との和の方向を向き始めることができます。
滞っていたのが、循環し出すんです。(心と体のエネルギーも最近あるんだよね~の人、あなた循環し出しているんです)
流れ出すんです!!!
あなたの人生にとって、よりあなたの波動にあった人と出会い、そして物事が進むようになるという流れです!
つまり、あなたのらしい人生を全うできるように、自然と輝き出せる流れに乗れるようになっていくんです!素晴らしい^^


”自愛”がそろそろできてきたから、
”慈愛”に向かっていきましょう!という神様からのステップアップのタイミングのお達しなのです。


「個」が外に循環できる準備が整いました!
さあ、みなさんと調和を以て一緒にやっていきましょう!
という魂というあなたの神様からの声なのです。

 


自分を愛せば
自分が愛を外に流せる。
循環して、また愛が戻る。

このよう怖がらないで”自愛”の後には”慈愛”で、
仕事も人間関係も家族のことも、あなたに関わるすべてのものに愛を流して、
循環されてくる”愛”を受け取ってください、感謝という言葉を添えて❤
循環されてくるものが”愛”とわかれば、拒否したり逃げないでいいでしょ^^
すべてはあなたにとって必要な流れなのです、たとえ本人にとって望まないことでも”気づき”という愛がプレゼントされていますから。

 

”さみしい”と思った時には、
そろそろ人との繋がりに意識を持って、
自愛を慈愛に広げる時が来たんだと「ニヤっ!」と一人喜んでみてください。


逃れようとするとするほど”さみしさ”も含めて、
”負”の波動を発生する心地の悪い気持ちに嵌ってしまいがち。
そうではなくって、
神様からすると、「”さみしさ”の奥にある本当の自分の心を知って!」という
よりあなたがあなたらしく輝けるよう、
あなたにとっての幸せの流れに乗るために必要な自分の心を知るという”自愛”のためにある感情なのです。
逃げないで、あなたの本心を知るための機会なんだとWelcomeで、受けとめてあげてください。”自愛”があって”慈愛”、”さみしさ”の合図はあなたの幸せのために必要なんです❤

                           寧楽感恩

さみしさは埋めない❤「ある」へのシフトサイン

自愛をしていく過程の中で、
改めて見えてしまう思い・心があると思います。
この”さみしさ”もその一つではないかと思います。
今日は、この”さみしさ”について自愛的視点から書いていきますね。

 


今まで、がんばってがんばってがんばって、
ふんばってふんばってふんばって懸命に生きてこられた方の中には
A.「”さみしい”なんて言っている暇なかったわ」
B.「”さみしい”と思うとより”さみしく”なるから、できるだけ思わないようにして来たわ」
C.「”さみしい”ということ自体考えたことがなかったわ」
そういう方も多いと思います。

A~C,こういう方は、屈強な自制心でもって心に鎧をはおってやって来られた方だと思います。
Aタイプは、忙しくて自分の心を顧みる暇もなかった
Bタイプは、もっとさみしくなるのを避けたくて自分の心に蓋をしたり、見ないようにしてきた
Cタイプは、そもそも”さみしい”という感情・心さえ自分で気づこうとしないままやってきた

 

私もそういう時期がありました。
いくらやってもやっても何か満たされない自分にも気づくことにもなりました。
この3タイプ共通点があるんですね。
それは、「自分の”さみしさ”をスルーしている」。

 

もうすこし踏み込んでいくと、自分で自分の心をじっくりと顧みて、そして感じることを避けてきた、またはしてこなかったということ。
「自分の”さみしい”を放置してきた反”自愛”」なんです。
つまり

「自分の”さみしさ”をしっかりと自分の心で引き受けて”自愛”をしましょう!!!」いうことなんですね。


勘違いしないでください。
心を引き受けないまま”さみしさ”を埋めようとするのは、”自愛”ではないということを。
心を引き受けないまま”さみしさ”から逃げようとするのは、”自愛”ではないということを


そうすると、「どういうこと?」「じゃ、どうするのこの”さみしさ”?」となると思います。
私もそう思っていましたから・・・・

 


神様曰く、
「”さみしさ”は、悪いものとして無くそうと無理しない。
 ”さみしさ”を無くそうとするから、苦しむんだよ。
 ”さみしさ”を感じて苦しいのが嫌だなと思ったら、考え方を変えればいい。
 ”さみしさ”、”さみしさ”として受け入れて、意識を「ある」に向けるためにある”さみしさ”だ」と。


”さみしさ”は”さみしさ”として、認めて、引き受けて、
”さみしい”のが好きでなければ(時々さみしいことを楽しんでおられる方もあるので)、
「ある」という考え癖にシフトしましょうという合図だということです。

 

この「ある」という考え癖にシフトしましょうというのは、
”さみしい”という時の心・感情を探ってみるとわかりやすりと思います。
楽しくない
満たされない
懐がさみしい(お金まで寂しいとは!お金がない
一人しかいない
わかってくれない
怒ることもできない
助けてくれない  などなど
”何かで埋めよう!”としても、「ない」が基本視点なので、結局埋めることはできないまま苦しみが続きます。
「ない」という心・感情がどうしてもセットで繰り返されるんですね。苦しいはずです。
陰と陽、黒と白、有と無、この世界で”気づく”ためには、神様は二極を作っておられますが、まさにこれなのが「ある」と「ない」。

 

だから、
どちらかというと、”さみしさ”の場合は、陰であり、黒であり、無でありと、暗いイメージで”快”でない「ない」になるんですね。
じゃ~、消していいのか?というと、消してしまうと、陽や白や有がわからなくなってしまうので、
”愛と調和”を学ぶためには、”さみしさ”はある方が私たちにはわかりやすい^^
私は、さみしさも毛嫌いしてましたからっ!!

 

「ある」を知るための「ない」。
「ない」を知ったので、「ない」をスルーして、認めないでいるとずっと、「ない」ままで、
宇宙の法則に思ったことが現実となる「ない」未来を創っていくことになってしまいます。
だから、自分が「ない」という”さみしさ”を一旦認め、”さみしい”に気づいてあげることで、
”さみしさ”の「ない」から「ある」へのシフトを始めることができます。


そして、更にもう一歩、ゼロフラットクリーニング法を応用しまして、
”さみしい私も、かわいい私! LOVE!!"
「さみしがっている私も、私の本心、じっくり自分の心を抱きしめてあげよう~ LOVE」と
ジンワリ温かい気持ちで、自分の心・気持ちを包んであげるLOVEです^^
”さみしさ”対処の自分ひとりで出来る”自愛”法です。

 

”さみしい”思いをwellcomeで受け入れられほど人間強くないとは思います。
誰でも”さみしい”と思うものであり、だからこそ“自愛”ができるようになる。
そのために”さみしさ”を知る要因となる”他者”があり、“慈愛”を学び、ひいては”慈愛”することができるようになるのですから。

 


引き寄せ法則で巷で言われるのは、
「さみしい者同士が引き寄せられると、恋愛・夫婦関係は長続きしない」と。
どうなのかな?と・・・・


本当に自分の心や気持ちをわかっていれば、
神様からの”ある”を知るお知らせとして”さみしさ”があって当然なんですね。
(それを感じないとか、蓋をして、”さみしさ”がわからないのは、それ以前の問題で、自分の心を自分で感じられるように・・というところから始める必要があります)

”さみしい”からと自分の心や感情を引き受けて”自愛”することをしないで
「さみしいから付き合いたいの」
「さみしいから楽くなりたいの」
「さみしいから幸せにしてほしいの」などなど、
人に”さみしさ”から抜け出すように依存する心を持つ者同士が引き合うのが問題なんですね。
自分で自分の”さみしさ”を引き受けて「”さみしい”自分を温かく包もうLOVE❤」がないから、
「人に温かく包んで欲しいのよ、無理やりLOVE」を求めてしまうんですね。
これだと、お互い”欲しい””欲しい”で、恋愛・夫婦関係はうまくいかなくなるのも仕方無い部分があります。お互いに相手の”さみしさ”を押し付けたり、引き受けてしまうと、疲れてしまいますよね。
思っているように慰めてもらえなければ不満が多くなり、うまくいかなくなるのも当然です。


私の神様的には、
”さみしい”と自分の心や気持ちに素直になれて、
”さみしい”と自分の心と気持ちを自分で引き受けることが出来る者同士が
お互いがが自立した状態であれば、持たれ合いにならず、依存にならず、
よい関係が維持し続けることができるということです。自分ができないところは依存でなく補ってもらう、また”慈愛”を学ぶためには、パートナーがあってこそ経験として学べるのですから、”さみしさ”がゼロの人を探すことの方が超困難です。

 

最後に、
”さみしさ”もあなたの一部、LOVEで抱きしめてあげましょう❤     
                                  寧楽感恩

 

霊感体質で「ツカレ」やすいあなたへ

宇宙の法則的生き方とは何ぞや?と自分なりに研究していくキッカケになったのは、
自律神経失調症となり、心臓は120拍/分でうつわ、内臓は固く冷たくなって動かないわ、
いつもピリピリして頭が緊張モード、肩も首もいつも凝っているわと、マッサージや整体にいくら通っても一向に好転せずと、
20代後半、これ以上ないというくらい体も心もアップアップしているのを何とかしたいという思いからでした。
私自身、書道という芸術的なことに携わるという職業柄、
「感受性が高いのはいいこと。敏感なのはいいこと。神経が繊細なのはいいこと。」と
この霊感体質、すぐに憑けてしまうのは生まれつきで、仕方のないことなんだと間違って思い込んでいました。


「憑かれる」霊感体質は改善できるんですね。
人と接した後に「疲れる」度合いがひどいという方も改善できるんです。
エネルギーバンパイア―なる言葉が巷を歩いていますが、
このバンパーアーから自分を守るということができるのです。
ご相談を聞いていると、この対処法についての質問も多くいただきます。私元気なんですと何かを憑けていたり、受けている人ってまずいませんから。
生まれながらに「憑く」「受ける」なんて言葉とは全くご縁の無い方もいらっしゃいますが、
今日はそうでない方のために^^


いろいろと試してみて、その方法なるものが神様のヒントを拾い集めてお話しできるかなと思いますので、
自分に必要な繊細な感覚や直感は取り入れて、
自分が疲れるような、憑かれるような体質は改善しましょう!

を綴ってみたいと思います。
つまり、生きていない霊に対しても、普段接している方たに対しても共に通用する方法です。


いろいろと試したものとして

①20代の頃、ある有名なスピリチュアル系の方に聴くと「自分が喜ぶことを増やしてみてください」と言われてやってみる・・・・
自分が楽しいとか喜ぶという感覚さえも薄れている毎日、自分の心を無理やり喜ばそうとして頑張ってはみたものの。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


②水晶(パワーストーン)を持ってみる・・・
水晶が邪気を払ってくれるという巷のお話に従ってみたのですが、水晶自体に問題があったのではないはずだったろうし、
水晶と自分の相性として片付けるのにも違うだろうしと。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


③粗塩を持ち歩く・・・
私が持っていた粗塩に何の責任もないと思うのですが、何か特に変わった気もせず。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


真言を唱える(お札をはる)・・・
お不動さんの真言やお経を唱えたり、九字切りなどなどが一般的に言われているもので、
覚えるのも苦手な私が一生懸命にしたものの、一生懸命さだけで効果がそこまで感じられず。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。


⑤バリアを張る・・・
結界を張ったり、瞑想をして自分を金色やピンク色のオーラで包むなど、自分を意図的に防衛する方法ですね。
オーラで包んで気合を入れたとしても、ずっと長時間その人と対している間中ずっと強いバリアを張っておられるほど器用ではありません。
私は何か特殊な修練を受けたわけではありませんし、習ったこともありません。だからみなさんと同じなんですね。
これは私には向いていない&バリアが切れる瞬間がわからない私には無理だと知る。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。

 

⑥「笑い」で跳ねのける・・・
ヨガでも私の住む町でもノーベル賞候補に上がってもいいほどの学者である村上和雄先生が「笑い」が健康にいいと提唱され、
ここ最近ではずいぶん「笑い」と健康についての効果研究が盛んになってきている様子。
試す私は、お笑いを見ても一瞬、心が落ち込んでいる時などはお笑いを見る気にもならず、ヨガといっても一人で笑うには限度もあると
「笑い」は無理しようとして出来ない時の方が多いということで私には合わず。
結局、「ツカレル(憑かれる・疲れる)」体質改善せず。

 


巷で有名なことはこのくらいでしょうか。もっとあるかもしれません。
私が長年やっている中でわかっていることは、
①~⑥の方法が間違っているわけではありません。
でも、この方法だけやっても効能が発揮されません。


「間違っていないのに、効果がでない!!!!」
これが問題なのです。

 

 


その理由は?

 

 

 

電球が光るのは、スイッチが押される前に電気が通っているから。

 

 

そんなところがヒントでしょうか。

 

 

電球が光る → 効果が発揮される
スイッチが押される → ①~⑥など対処法を実践する
電気が通っているから → ?


この「?」は何でしょうかということになります。

 

 

 

「?」の正体は、”自愛”。

 

この”自愛”は”慈愛”ではありません。
本当に自分への”愛”なんです。
とにかく”自愛”なんですね。
(自愛についてはブログの中で時々書いているので参考にしてみてください)

自分がヘロヘロ、エネルギーが枯渇している状態なら、まず自分なんです。

 

”自愛”ができていないと、心の波動が低くなるので、波動の低いものが集まってきます。自分へのバリアが薄れていく感じになります。
例えば、
・他人軸になっていると友達の話の後にどっと「ツカレ」やすくなります。
・人のためばかり思っていると、自分を守ることができずに、放出ばかりで「ツカレ」やすくなります。
・自愛が出来ない人を相手にすると、相手が自分でエネルギーを発せいしないので、人から補おうとするので、「ツカレ」やすくなります。
特にお仕事で接客業や直接人の体にふれるお仕事をされている方は、”自愛”がおろそかになると防衛ができず、
癒しを求めてきている(悪く言うとエネルギーをもらいに来ている)方に持っていかれてしまいます。「ツカレル」はずです。


私のことでお話すると鑑定の時には、
できるだけ楽しくお話をさせていただきます。お話する中で、自然と波動を変えてきますので「憑いている」ものは取れ、「疲れる」ものを放していったりしています。
同じ悩みをお話するなら、暗いよりも楽しい方が波動が切り替わり、
自然と「笑い」が出てきて、「笑い」の効能である体のエネルギー循環を活発にさせることにより、
聴いている方も話をしている方も、そもそもあるエネルギー循環の流れに戻すという効果も出てくるからです。
決して関西人なので、楽しく話をしているわけではないんです^^

 

 

とにかく”自愛”!
これが「ツカレナイ」コツです。

 


”自愛”をしながら、より安心があればいいな!
(決して、自愛できないから、安心したい・・・では効果が発揮されません)
という方には、試していただければと思う私的対処法です。

 

f:id:neiraku123:20170309103311j:plain

写真左側、ヒマラヤ紫岩塩、真ん中の麻袋が文香、お花は彩りが悪かったので文鎮を^^

①文香
写真の中に映っている麻の袋に入ったお香。
バンやお財布など、携帯に便利です。
私が買うのは奈良に本社のある遊中川さんのものです。
特に、亡くなった霊に憑かれやすい人にお勧めです。(こんなことでお勧めするのは何ですが)
入院時に使っていただくと、霊を次の日から感知しなくなったとか、
肩の痛みが緩和されたなど、実際効果の報告が多いものです。
使い方は、酷い時に体に密着させる。睡眠の際には、首筋と肩甲骨のところに置く、
肩が痛い時には女性なら下着に挟むなどが効果的です。


②お風呂に入る
この時にお酒+お塩の入ったお風呂に浸かると要らないエネルギーが出やすくなります。
私は、実はお酒を入れることは少ないです。
ヒマラヤのピンクの大きな岩塩をバスクリンだと思って入れて、
「エネルギー循環して、要らないエネルギー排出!」と循環を意識して入っています。
(写真のものは、ヒマラヤの紫の岩塩です。こちらの方が効果あります。
 特に仕事でいろいろな波動を受けるPCにこの岩塩を置くと調子がよくなります)


大きく2種類くらいです。
面倒くさがりな私は何もしたくない派なので。
クリーニングをしてあげないといけないパワーストーンも持っていません。
時々あまりにも何も「無防備」に見えるようで驚かれることはありますが。

 


あれやこれやと「how to」を試してみるより、
まず”自愛”を心掛けてみるという「あり方」に意識を置いてみてください。
すると、少しずつ「ツカレル」状態が変わってきますから^^

                        寧楽感恩

 

追記;上記の「②お風呂に入る」で浴槽にお湯を溜めることができない方からの質問がありましたので、記します。セッション中で、私も憑いているものを複数取っている(ご本人に知らせないままの時もあります)場合には、腕のある部分に疲労が来る時があります。そんな時や、強力にエネルギーを入れたいと思う時には、

「太陽を背にして(当たりながら)、”吐く”を意識しながら自然を感じながら歩く!」30分程度は歩きます。スピードはゆっくりでも早くでもいいのですが、・出す!・充電!とこれを意識して、子供が寄り道するような感覚で、リラックスして歩きます^^